このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0258
いずみ

放送回:0161-A  放送日:1978年11月25日(昭和53年11月25日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:田中静恵  作画:前田実
山梨県 ) 17425hit
あらすじ

山梨県の信州との国境、八ヶ岳のふもとに猟師の男が住んでいた。

ある日、男は山に猟に出るが、どうしたことか今日に限って山には動物の気配がなく、山は静まり返っていた。しばらくすると、辺りに煙がたちこめてきた。山では山火事が起きており、動物たちは山火事を察知して逃げていたのだ。

男は大急ぎで山を下った。山を下る途中、男は木の枝に一匹の蛇の子どもを見つけた。どうやら蛇の子は、山火事から逃げ遅れて取り残されたようだった。男は不憫に思い、蛇の子を鉄砲の先に乗せて一緒に山を降りることにした。そして安全なところまで来ると、男は蛇の子を野に放してやった。

それからまたしばらく男が歩いていくと、日も暮れてないのに急に辺りが真っ暗になってしまった。道の先に一軒のあばら屋が見えたので、男はここで提灯でも借りようと思い一軒屋の前に立った。中からは老婆が出てきて、男を家の中に招き入れる。老婆が男に言うには、自分は先ほど男が助けた蛇の子の母親で、男に何かお礼がしたいということだった。

男は特に欲しいものも思い当たらず、とりあえずのどが渇いたので、水を一杯と老婆に言った。すると老婆は、男が言った“一杯”をいっぱい、たくさんと聞き間違え、一本の葦(あし)の茎を持ってきた。老婆は葦の茎を男に渡すと、この中の水を地面にたらせば、どこでも好きな場所から水が湧くと言って消えてしまった。

辺りは昼間に戻り、男は自分の村に向かって歩いていった。男は村の入り口まで来たが、用を足したくなったので、葦の茎を木に立てかけた。ところが、そのとき風が吹いて茎は倒れてしまい、中の水がこぼれてしまった。すると、水がこぼれた地面からは勢いよく水が湧き出た。喜んだ男は村の中心に行き、そこで茎の中の水をたらした。しかし、茎の中の水が少なかったので、今度は小さな泉が出来たということだ。

そして、男が先に作った泉が北巨摩郡高根町原長沢の泉で、後に作った泉が同じ字(あざ)の祖師堂の泉だと言われている。

(投稿者: やっさん  投稿日時 2011-8-13 9:37 )


参考URL(1)
http://www.fruits.ne.jp/~mahirunohoshi/youkaiichiran.htm
ナレーション市原悦子
出典土橋治重(角川書店刊)より
出典詳細甲州の伝説(日本の伝説10),土橋治重,角川書店,1976年9年10日,原題「泉」
場所について公民館の周辺か(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第29巻-第142話(発刊日:1979年4月28日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/13 21:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)