このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0193
おいのいけものがたり
おいの池ものがたり
高ヒット
放送回:0119-A  放送日:1978年01月28日(昭和53年01月28日)
演出:矢沢則夫  文芸:沖島勲  美術:宮本清司  作画:矢沢則夫
奈良県 ) 25396hit
あらすじ

昔、佐名伝村にある小さな池は、奈良の興福寺の猿沢の池と地下でつながっている、という言い伝えがあった。この佐名伝(さなて)村には、心優しい「おいの」という娘がすんでいた。

ある日、お地蔵さんにお供え物をあげにいくと、気を失って倒れている旅のお坊さんを見つけた。おいのはお坊さんを背負い、看病するために自宅に連れて帰った。おいのは父親と二人で看病するうちに、その顔立ちが美しすぎるお坊さんに恋をしてしまった。

まもなく元気を取り戻したお坊さんは、奈良の興福寺(こうふくじ)に向けて旅立って行った。おいのはお坊さんの事を恋慕い、我慢できなくなり、お坊さんを追いかけて京都を訪れた。やっと再会できたお坊さんに告白したが、「修行中の身だから」と断られてしまった。落胆したおいのは村へ帰り、池に身を投げて死んでしまった。

それから数日後、興福寺の猿沢の池においのの笠(かさ)が浮かんできた。丁度そこへ、おいのの父親がお坊さんを訪ねてきて、おいのが遺書を残して死んだと告げた。

それからまもなく、お坊さんの姿も見えなくなった。実はお坊さんもおいのの事が好きだったので、きっと、おいのの後を追って身を投げたのだろうと噂された。

(紅子 2011-8-20 0:17)


参考URL(1)
http://www.pref.nara.jp/koho/kenmindayori/tayori/t2008/tayori2007/nara_mukashi2007.htm
参考URL(2)
http://www.town.oyodo.lg.jp/contents_detail.php?frmId=477
ナレーション常田富士男
出典花岡大学(角川書店刊)より
出典詳細奈良の伝説(日本の伝説13),花岡大学,角川書店,1976年12年10日,原題「おいの池物語」
場所について佐名伝(さなて)村のおいの池
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第28巻-第136話(発刊日:1979年1月30日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
7.8750 7.88 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/20 0:17 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)