このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0171
ねこのしばい
猫のしばい

放送回:0106-A  放送日:1977年10月22日(昭和52年10月22日)
演出:漉田實  文芸:漉田實  美術:内田好之  作画:高橋信也
ある所 ) 15941hit
あらすじ

ある夜、檀家さんからの帰り道、和尚さんがお稲荷さんの近くを通りかかると、鳥居の奥から何やらガヤガヤと声が聞こえてきた。不思議に思った和尚さんが鳥居の中をのぞくと、猫たちが祠(ほこら)の中でお芝居をしていて、それをみる沢山の見物人(猫)で賑わっていた。

猫の役者たちは「忠臣蔵」の内匠頭(たくみのかみ)の有名な切腹シーンを演じている最中だったが、なかなか内蔵之助(くらのすけ)役の猫がステージに登場しなかった。しばらくすると、大慌てで衣装も着けず内蔵之助が登場したが、なんとそれは和尚のお寺で飼っている白猫のタマだった。

舞台の上で「なぜ遅れた~」と芝居がかって尋ねられたタマは、「飯が熱くてフゥフゥして食っていたので遅くなった~」と見事に返した。芝居はなんだか変な具合になったが、見物猫たちは大盛り上がりだった。

和尚さんはタマの見事な芝居に感心しつつ、お寺に帰った。翌朝、目のさめた和尚さんは縁側でまだ寝ているタマに、そぉっと声をかけた。「タマや、昨夜の芝居は大したものだった」と言った和尚の顔を、驚いて見つめ返したタマは、少し悲しそうな顔をした。

その日を境に、タマはぷっつりと姿を消してしまった。和尚さんはタマに話した事を後悔して、それからは誰にも猫の芝居のことは話さなかった。

(紅子※サラ文庫の絵本より 2011-9-17 18:30)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第26巻-第126話(発刊日:1978年11月24日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説には地名の明記はない
8.2857 8.29 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/17 18:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (21 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)