このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0162
かみすくさと
紙すく里

放送回:0100-B  放送日:1977年09月10日(昭和52年09月10日)
演出:藤本四郎  文芸:沖島勲  美術:内田好之  作画:高橋信也
高知県 ) 14147hit
あらすじ

昔、土佐の山奥の二淀川のほとりに、成山という小さな村がありました。その村に、養甫尼(ようほに)という一人の尼さんが住んでいました。

もともと養甫尼は、立派な殿様の奥方だったのですが、戦に敗れて殿様も死んでしまったため、この世を憂いて尼になったのでした。養甫尼の所に、甥の三郎左(さぶろうざ)も住みつくようになり、二人で静かに暮らしていました。

ある日、養甫尼が山で薪を集めていると、傷ついた武士が倒れていました。養甫尼が手厚く介抱してあげると、その男は元気を取り戻しました。武士は、伊予の国の新之丞(しんのじょう)という男で、山に生えている楮(こうぞ)の木から紙を作る方法を知っていました。養甫尼と三郎左はさっそく紙すき小屋を作り、夢中になって紙を作りました。

やがて春になり、養甫尼は桜の花を入れた紙を作ってみました。それは見事な仕上がりで、季節の草花を染めあげていつしか「七色紙」といわれ、幕府に献上する「土佐の特産品」としての貴重な物となりました。殿様から紙の役人として任命された三郎左は大喜びでした。

ところが、突然に新之丞が国へ帰りたいと言い出しました。もし、新之丞がここを出て行ったら「七色紙の秘法」がよそへ漏れてしまうと心配した三郎左は、見送りの途中で「坂ノ峠」まで来たところで新之丞を刀で切り殺してしまいました。

その後、養甫尼や三郎左がどうなったかわかりませんが、土佐の成山は今も紙すきの里と呼ばれています。

(紅子 2011-10-8 22:51)


ナレーション市原悦子
出典クレジット不明
出典詳細権力の残酷(日本の民話 第10巻),清水真弓,角川書店,1973年6年25日,原題「紙すく里」※かもしれない
場所について成山和紙の里公園
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第26巻-第130話(発刊日:1978年11月24日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「四国地方の昔ばなし」
10.0000 10.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/10/8 22:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)