このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0142
ごりょうのじぞうさん
五料の地蔵さん

放送回:0087-B  放送日:1977年06月04日(昭和52年06月04日)
演出:漉田実  文芸:漉田実  美術:阿部幸次  作画:上口照人
群馬県 ) 8725hit
家に帰りたい、と泣くお地蔵さんの話

昔、五料(ごりょう)という村の原っぱにお地蔵さんがいて、村の子供たちはお地蔵さんの周りでいつも楽しく遊んでいました。

ある日、たまたま通りかかった馬子が、馬の背に乗せた荷物のバランスをとるため、お地蔵さんを乗せてそのまま立ち去って行きました。大好きなお地蔵さんがいなくなって、五料の子供たちはとても悲しみました。

ある夜の事、馬子が寝ていると枕元にお地蔵さんが現れ「私は五料が恋しい」と、涙を流しました。びっくりして飛び起きた馬子は、道端に置いていたお地蔵さんを馬の背にのせて、いそいで五料に連れ帰りました。

お地蔵さんはこうして無事に五料に戻り、子供たちもまた原っぱに集まるようになりました。子供たちのはしゃぐ声を聞きながら、お地蔵さんは嬉しそうに笑っていました。

(紅子 2011-12-6 19:45)


参考URL(1)
http://footprint.life.coocan.jp/matsuida.html
参考URL(2)
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/058e73ce635fdd9d2b44a9e140f189ee
ナレーション常田富士男
出典おのちゅうこう(未来社刊)より
出典詳細上州の民話 第一集(日本の民話20),小野忠孝,未来社,1959年06月30日,原題「五料の地蔵さん」,採録地「碓氷郡」
場所について安中市松井田町五料の夜泣き地蔵(この辺か)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
7.0000 7.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/6 19:45 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)