このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1417
いしがみさま
石神さま
高ヒット
放送回:0901-A  放送日:1993年08月28日(平成05年08月28日)
演出:前田こうせい  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:前田こうせい
愛媛県 ) 20303hit
あらすじ

愛媛県吉田町の西、犬尾山(いぬおさん)の中腹にある石神さまは、魔よけの神様として親しまれており、それにはこんな謂れがある。

ある時、吉田の町に奇妙な噂が立った。それは、廃寺になった川平(かわびら)の山寺に、夜になるとたいそう美しい娘が現れ、その姿を見た者は病気で死んでしまったりするというのだ。そんな訳で、この山寺に近寄るものは誰もいなかった。

ところが、どこにも物好きというのはいるもので、この噂を聞いた二人の男が、酒と食べ物を持って山寺に向かった。二人は、たき火で鍋を温め、酒を飲みながら夜が来るのを待った。そして夜も更けた頃であった。墓場の方から人魂が飛んで来たかと思うと、噂の通り美しい女が二人の前に現れたのだ。

二人は恐ろしかったが、どうにか平静を装い、女に酒を勧めた。ところが、女は人間の肉が食いたいと言う。これを聞いて二人は震えあがった。そして、一人の男が女をふと見ると、何と女の姿は骸骨に変わっている。これを見た男は、恐ろしさのあまり気を失ってしまう。

もう一人の男は、女から逃げるべく無我夢中に山道を走ったが、男の後ろからは、女と無数の人魂が追って来る。男はとうとう崖から滑り落ち、石神さまの境内に転がり込んだ。しかし人魂と女は、なおも男に迫って来る。男は「命がありますように。」と手を合わせて祈った。するとその時、境内から小さな男の子が現れ、棒切れで人魂を山寺に投げ返し、女に山寺に戻るよう命令した。

この男の子に気押されしたのか、女の幽霊は姿を消した。そして男の子は、山寺を修繕して亡者を供養するよう男に言い残すと、拝殿の中に消えていった。

後に村の衆が川平の山寺を修繕して、墓の手入れをすると、あの美しい女の幽霊も出なくなった。そしてそれからというもの、石神さまの祭りの晩には、肥松(こえまつ)に火を灯し「なんまいだ~なんまいだ~、コケても命があるように。」と言いながら、子供たちが田んぼや山を練り歩くのが習わしとなった。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-8-3 9:06)


参考URL(1)
http://blog.livedoor.jp/awatennbou/archives/78967.html
ナレーション市原悦子
出典愛媛県
場所について宇和島市吉田町の犬尾山(別名:犬日山)地図は適当
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.6000 8.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/3 9:06 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)