このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1373
せけんしらずのいせまいり
世間知らずの伊勢参り

放送回:0872-A  放送日:1993年01月09日(平成05年01月09日)
演出:小原秀一  文芸:沖島勲  美術:安藤ひろみ  作画:小原秀一
徳島県 ) 15301hit
見栄っぱりの父親が、初めて見た食べ物の間違った食べ方を家族に教える話

昔々、阿波の国の山奥に住む百姓の親子が、三人そろってお伊勢参りに出かけました。

親子が泊まった最初の宿では、名物として当時は珍しかった「饅頭」が出されました。親子は饅頭の食べ方が分かりませんでした。見栄っ張りなお父ちゃんが「こうやって食べるんじゃ!」と、饅頭をぽーんと放り投げると、饅頭はお父ちゃんの頭にあたって、ころころと畳に転がりました。お母ちゃんも子供も真似をして、饅頭をぽーん、ころころ……。結局、親子はその夜何にも食べずに床につきました。

次の日、親子は空腹のまま旅を続け、途中の茶店で饅頭を食べる侍を見かけました。侍の食べ方を真似して、親子はやっと饅頭を食べることができました。

さて、その日の宿では、名物として「首巻き素麺」が出されました。親子はまた食べ方が分かりませんでした。すると「こうやって食べるんじゃ!」と、お父ちゃんが首巻き素麺を首に巻きつけて食べ始めました。お母ちゃんも子供もそれを真似してみましたが、素麺が喉に詰まって食べられません。親子は素麺を食べるのを止め、早々に寝ることにしました。

さて布団を敷こうとすると、布団と一緒に六枚折りの「屏風」が出てきました。「これは立てて絵を見るもんなんじゃ!」と早速お父ちゃんが屏風を立てようとしましたが、立て方が分からず、屏風はすぐに倒れてしまいます。とうとう親子は、屏風が倒れないよう朝まで押さえておくことにしました。翌朝、親子は一睡もしないまま宿を出発しました。

分からないことは見栄を張らずに素直に聞けば、旅もまた楽しいものなのに……。

結局この親子、見栄を張り過ぎて旅を楽しむことができず「何でこんな目にあわなければならんのじゃ。まあ、もう来んぞぃ。投げまき饅頭、首巻き素麺、六枚屏風の立てかやし!」と、お伊勢参りを中止して、ぷりぷり怒りながら阿波の山奥へ帰って行ったそうです。

(投稿者: ニャコディ 投稿日時 2012-7-5 6:50)


ナレーション市原悦子
出典湯浅良幸(未来社刊)より
出典詳細阿波の民話 第一集(日本の民話08),湯浅良幸、緒方啓郎,未来社,1958年06月15日,原題「世間知らずの伊勢参り」,採録地「勝浦郡」,話者「傍示イソノ」
場所について勝浦郡上勝町(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
6.3333 6.33 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/5 9:55 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)