このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1303
はなののびるふで
鼻ののびる筆

放送回:0823-A  放送日:1991年11月30日(平成03年11月30日)
演出:細谷秋夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:細谷秋夫
新潟県 ) 9168hit
あらすじ

手早く金儲けのしたい息子は、大工の親父のところから飛び出します。

江戸へ向かった息子の前に、観音様が「鼻が伸びたり縮んだりする筆」をくれました。

息子は、金持ちの鼻を伸ばしては、医療と称して縮めてカネをせびり長者になりました。

大金持ちになった息子は、立派になった姿を親父に見せてやろうと家に帰って行きました。

と、いう夢でした。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典新潟県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)