このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1245
ななつやま
七ツ山

放送回:0786-B  放送日:1991年03月02日(平成03年03月02日)
演出:三輪孝輝  文芸:沖島勲  美術:三輪孝輝  作画:三輪孝輝
宮崎県 ) 18100hit
あらすじ

鉄砲打ちの男が、山小屋で鉄砲を磨いていると、一本足で一つ目の化け物が訪ねてくる。

そして男に、自分は良い化け物だが最近悪い化け物が現れるので退治してくれ、と頼み込む。 男は半信半疑ながらも引き受けるが、念のため弾を一個隠し持っておく。

そして良い化け物の案内で、悪い化け物が現れる場所に行く。急に良い化け物が怯えだし、どこかの陰に隠れ出す。と同時に、悪い化け物とやらが現れる。

男は、昨夜教わったとおりに悪い化け物の弱点である額のコブを狙い、鉄砲で戦う。かなり手に汗握る戦いの中、良い化け物が密かに男が打った弾の数を数えている。そして、見事に額のコブを打ち、男が勝利する。

男が満足気に良い化け物に近づくと、徐々に表情を変え、今度は良い化け物が「もうお前に用はない」と男に襲いかかってくる。男は隠していた弾をすかさず鉄砲に入れ発射し、化け物のコブを打ち抜き、倒す。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典宮崎の伝説(角川書店刊)より
出典詳細宮崎の伝説(日本の伝説31),竹崎有斐,角川書店,1979年2年20日,原題「七ッ山」
場所について祖母山のふもと(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.2500 9.25 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)