このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1236
あかねこ
赤猫
高ヒット
放送回:0780-B  放送日:1991年01月19日(平成03年01月19日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:千葉秀雄  作画:細谷秋夫
宮崎県 ) 45249hit
あらすじ

昔ある所に、年老いた百姓夫婦と猟師の金佐(きんざ)が隣同士で暮らしていた。百姓の家では17年も可愛がっていた大きな赤猫がいたが、いつの間にかどこかへ行ってしまった。

ある日、金佐が鉄砲の弾を作っていると、隣の婆さんが「弾は何発作った?」と聞いてきた。
いつもと様子が違う婆さんに、金佐はいぶかしながらも正直に答えた。

その後、金佐は山にシシ捕りに出かけた。すると金佐の前に、赤い目の巨大な化け猫が現れた。身の危険を感じた金佐は、化け猫めがけて4発の弾を撃ったが、命中したにもかかわらず化け猫は倒れない。「金佐の弾は4発じゃ~。鉛がなくて弾切れじゃ~」

金佐は普段から隠し持っていた命玉(いのちだま)を取り出し、襲いかかる化け猫に向けて発砲した。被弾した化け猫は逃げ去ったが、化け猫がいた所に隣の家の茶釜のフタが落ちていた。そのフタの裏には4発の弾が撃ち込まれていた。

実はあの赤猫が年を取り、化け猫となり、隣の家のお婆さんを食い殺して入れ替わっていた。さらに化け猫は、勘が利く金佐に正体を見破られる事を恐れて、金佐も殺そうと襲ったのだった。

金佐は、家に逃げ帰っていた化け猫婆さんを退治し、家の床下を掘ってみた。すると、本当の婆さんの骨がゴロゴロと出てきた。

(紅子 2011-8-17 8:10:35


ナレーション市原悦子
出典比江島重孝(未来社刊)より
出典詳細日向の民話 第二集(日本の民話43),比江島重孝,未来社,1967年12月20日,原題「ばあさんに化けた赤猫」,採録地「西都市妻町」,話者「栗下喜十」
場所について高しょく山(漢字と場所不明)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.0833 9.08 (投票数 24) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/8/17 8:10 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)