このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1202
ゆうがおむこ
夕顔婿

放送回:0759-A  放送日:1990年07月28日(平成02年07月28日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:若林常夫
要調査 ) 9736hit
あらすじ

幽霊を怖がる婿の臆病を夕顔で治す話だった気がします。このタイトルか自信はありませんが、夕顔を見て驚く婿に「見てから、たまげらんしょ」と女房が一括する場面を記憶しています。

※詳細を記憶のある方は、あらすじ提供をお願いします。

(投稿者: 黒田 投稿日時 2011-11-12 21:07 )

昔、ある所?に怖がりな男が居て毎回、夜の厠に家族に付いて来てもらう。それじゃダメだと家族は男の所に嫁さんを連れて来る。

初めは初々しいく嫁さんも厠に付いていってあげるけど、段々、我慢出来なくなり遂に実家に帰ってしまう。

誰が聞いても帰って来た理由を答えず、泣きじゃくる嫁に嫁の婆様が理由を聞き、嫁にある事を耳打ちする。

そしてどういう訳か、お婿さんの所へ帰ってきた嫁さん。その日の夜も厠へ行く婿さんに付いていく嫁さん。婿さんが厠の扉を開けると何か浮かんでいる!

悲鳴をあげかけ、お婿さんは嫁さんにしがみついてると、嫁さんが「よーくみなんしょ!見てからたまげらんしょ!」と一喝する。

お婿さんが恐る恐る目を開けるとそこにはつる下がった夕顔があった。お嫁さんはその夕顔を美味しい汁物に料理してお婿さんに食べさせる。お婿さんは「化け物はみんな夕顔だ! もう怖くない」と言ってそれからは1人で厠に行けるようになった。

(投稿者: さくらさんさん 投稿日時 2018/7/27 0:06)

 


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)