このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.0119
ひなのよばやし
ひなの夜ばやし

放送回:0073-A  放送日:1977年02月26日(昭和52年02月26日)
演出:馬郡美保子  文芸:沖島勲  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
静岡県 ) 19669hit
あらすじ

今から何百年も前、修善寺で戦(いくさ)があった頃の話。

この修善寺から遠くないある村に、ある日一人の老人が訪ねて来た。老人は深い傷を負っており、この村にある古い屋敷の前まで来ると、そこでばったり倒れてしまった。このお屋敷のお婆さんはたいそう親切な人で、老人を蔵座敷に運ぶと、懇ろ(ねんごろ)に看病した。おかげで老人の傷も日増しに快方に向かっていった。

そんなある日、老人は布団から起き上がり、何やらノミで木を彫っている。老人が作っている物は一対の男雛と女雛だった。完成した雛は見事な出来栄えで、男雛には気品があり、女雛には美しさの中にどこか寂しい影を宿してきた。

「この男雛はワシのゆかりの若殿にそっくりじゃ。また女雛はワシの縁につながる娘にそっくりじゃ。どうか末永く可愛がって下され。」老人はそう言い残すと、それから数日後の夜、どこともなく去っていった。

それからお婆さんは、毎年桃の節句になると、このひな人形を飾っていた。ところがある年の節句、お婆さんは風邪を引いて寝込んでしまった。すると桃の節句も過ぎ去ろうとする真夜中、何やら蔵座敷の奥でヒソヒソと話し声が聞こえる。

「今夜は桃の節句だと言うのに、お婆さんはどうされたのだろう?箱の中とは少々窮屈だが、お囃子して若君殿を慰めぬか?」こうして五人囃子は、にぎやかにお囃子を始めた。

お婆さんは、夢うつつの中でこのお囃子を聞きながら、お囃子の中に琴の音が欠けているのに気づいた。そこで布団から起き上がると、立てかけてあった琴をお囃子にあわせて弾き始めた。そうして琴を弾き終えると、いつしか眠りについてしまった。

翌朝、お婆さんが起きて見ると、蔵の奥にある雛の箱はめちゃくちゃになっていた。これを見たお婆さんは、あの老人が作った雛には魂が乗り移っていると悟った。

それからというもの、この地方では、年に一度は雛を箱から出さないと、その年は不吉なことが起こると伝えられている。また老人が作った男雛は源頼家公に、女雛はその乳母の娘、桜の前にそっくりだったという。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2013-3-11 17:16)


参考URL(1)
http://www.surugawan.net/guide/129.html
ナレーション市原悦子
出典岸なみ(未来社刊)より
出典詳細伊豆の民話(日本の民話04),岸なみ,未来社,1957年11月25日,原題「雛の夜ばやし」,採録地「湯ガ島」
場所について修善寺の指月殿(源頼家公墓所)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.0000 9.00 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/3/11 17:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

35 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)