このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1148
ぞろりんがったん
ぞろりんがったん
高ヒット
放送回:0725-A  放送日:1989年11月18日(平成01年11月18日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:田中静恵  作画:フクハラ・ヒロカズ
宮崎県 ) 20043hit
死んだ婆さんは、夜になると爺さんに声をかけてくる

昔、六部がある村に来た時、宿を借りようとおじいさんの家に立ち寄った。おじいさんは現在は一人暮らしで、とても仲の良かったおばあさんは先日、亡くなっていた。親切なおじいさんは、こころよく六部を迎え入れた。

夜中、六部が寝ていると、どこからか「爺さん、おるかい」と声がする。おじいさんは寝ながら「おります、おります」と返事をしてるがどうやらその声は、六部の布団の下(床下)から聞こえてくる。怖くなった六部が家から飛び出すと、声の主であるばあさん幽霊が追いかけてきた。

六部は庭の柿の木に登ったが、幽霊は長持(ながもち)を引きずりながら「ぞろりんがったん」と音を立てながら木の上に迫ってきた。六部がお経を唱えると、幽霊は柿の木から落ちて消えてしまった。実はおじいさんは、仲の良かったおばあさんとの約束で、おばあさんの遺体を床下に隠していたのだった。しかしそれでは良くないと諭され、きちんとお経をあげてお墓に葬ることにした。

それから、おじいさんには茶飲み友達もできて、すっかり元気になった。六部も、何事もなかったように巡礼の旅を続けたそうな。

(紅子 2011-7-14 3:35)


ナレーション常田富士男
出典比江島重孝(未来社刊)より
出典詳細日向の民話 第一集(日本の民話14),比江島重孝,未来社,1958年11月29日,原題「ぞろりんがったん」,採録地「児湯郡富田村横江」,話者「比江島ハル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.5455 8.55 (投票数 11) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/7/14 3:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (16 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)