このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1146
じょうれんのたきのじょろうぐも
浄蓮の滝の女郎ぐも
高ヒット
放送回:0723-B  放送日:1989年11月04日(平成01年11月04日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:若林常夫
写真あり / 静岡県 ) 22979hit
あらすじ

伊豆の天城山中、狩野川の上流にある浄蓮の滝は、千古の大木が鬱蒼と生い茂る、夏でも肌寒さを覚える程の場所で、滅多に人が入る事も無かった。

ある時、他国の樵が千古の大木に目をつけてやって来て、滝の傍の大木に斧を打ちこみ始めた。ひと休みしようと斧を振る手を止め、切株に腰かけて煙草を噴かしていると、いつ現れたのか1匹のジョロウグモが、樵の足許に糸を繰り出していた。

樵は見るともなしにその光景を見ていたが、やがて仕事に戻ろうと思い、足にからめられたクモの糸を切株に巻きつけて立ち上がった。と、突然凄まじい地響きが鳴り響き、糸をからげられた切株がごそっと引っこ抜かれ、あっと言う間に滝壺に引きずり込まれてしまった。

樵からこの話を伝え聞いた人々は「浄蓮の滝の主はジョロウグモに違いない」と噂し、それからと言うもの、この滝に近づく者は絶えてしまった。

それからしばらくしたある日、先の樵とは別の樵が浄蓮の滝にやって来て、大木を切る為に斧を振るい始めた。木を切り倒し、昼飯を食べている樵の足元に、いつかと同じようにジョロウグモがやって来て、同じように糸をからげ始めた。樵は昼飯を食べ終わった後、クモの糸を切株にからげて仕事に戻ろうと立ち上がると、突然凄まじい地響きと共に切株が根こそぎに引き抜かれ、突き立ててあった斧もろとも滝壺に引きずり込まれた。

驚いた樵は、引きこまれた斧を取り返そうと思わず滝壺に飛び込んだ。すると、水中に見た事も無い美しい姫が斧を持って立っていて、「浄蓮の滝の廻りの木を切ってはなりませぬ。そして、今日の事は誰にも語ってはなりませぬ。約束を守るなら、貴方の斧は返しましょう」と言って、樵に斧を返してくれた。

樵は家に帰ると、姫との約束を守りその日の事を誰にも語らずに過ごしていたが、ある時、振る舞い酒に酔ってつい口が滑り、浄蓮の滝で出逢った姫の事をすっかり話してしまった。と、話し終わると同時に樵はポックリと死んでしまった。

こんな事があってからと言うもの、人々は浄蓮の滝の主のジョロウグモを恐れ、滝に近付く者はいよいよ居なくなってしまったと言う事だ。

(投稿者: 熊猫堂 投稿日時 2013-8-17 18:51)


ナレーション常田富士男
出典岸なみ(未来社刊)より
出典詳細伊豆の民話(日本の民話04),岸なみ,未来社,1957年11月25日,原題「浄蓮の滝の女郎ぐも」,採録地「豆州古葉」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について伊豆の浄蓮の滝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.5000 9.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/8/17 21:09 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)