このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1132
そできりばけもの
袖切り化け物

放送回:0714-B  放送日:1989年09月02日(平成01年09月02日)
演出:若林忠生  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:若林忠生
神奈川県 ) 15296hit
薄情者には、黄泉の赤坂を越えられない

神奈川の大山へ向かう途中の茶店で、捨吉(すてきち)と権兵衛という男が一休みしていました。ここの茶店の主人が言うには「これから通る黄泉の赤坂では“袖を置いて行け~”と不気味な声が聞こえてくる」という話でした。

気の短い捨吉はそんな噂話を気にするでもなく、権兵衛を置いて先に黄泉の赤坂を登って行きました。山道の途中、今にも死にそうな爺さんに出会いましたが、捨吉は薄情にも見て見ぬふりをしました。その後から権兵衛も山道を登ってきましたが、既にもう爺さんは息絶えていました。

可哀そうに思った権兵衛は、着ていた着物を脱いで死んだ爺さんにかけてあげました。ふんどし一丁で山を登り続けた権兵衛でしたが、どういしたわけか歩きにくかった山道が急にひらけたように歩きやすくなりました。おかげで無事に黄泉の赤坂を超え、峠の茶屋にたどり着くことができました。

先に茶屋にたどり着いていた捨吉は、死んだ爺さんの幽霊から「袖を置いて行け」と追いかけられ、全身傷だらけの大けがを負っていました。黄泉の赤坂は、薄情者は越すことができない、と言われているそうです。この後、捨吉は治療に長い時間とお金がかかり、権兵衛は無事に大山参りを済ませる事ができたそうです。

(紅子 2012-4-12 20:53)


ナレーション市原悦子
出典神奈川県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報二見書房[怪談シリーズ]第2巻_幽霊こわ~い(発刊日:1994年6月25日)
8.5000 8.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/4/12 20:53 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

37 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)