このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1131
めぐみのいずみ
めぐみの泉

放送回:0714-A  放送日:1989年09月02日(平成01年09月02日)
演出:森川信英  文芸:沖島勲  美術:スタジオ冬馬  作画:森川信英
千葉県 ) 11355hit
あらすじ

昔、千葉の大原に貧しい百姓夫婦が住んでいた。

この夫婦はとても仲が良く、嫁は心優しく働き者だった。ところがこの家には、腰を悪くしたごうつくな姑がいて、しょっちゅう嫁に何やかやと無理なことばかりさせていた。

ある日姑は「これからは毎日、水を入れ替えて風呂をわかしてくれ」と言い付つけた。だがこの辺りは水の便が悪く、風呂に入れるだけの水を手に入れるには、山の奥の泉まで行かねばならないので大変だった。

だが嫁は姑のためにと朝早く水を汲みに行き、姑を風呂に入れてやった。風呂に入った姑は喜び、さらに「これからは朝、昼、晩、新しい水に入れ替えて沸かしてくれ」と言いつけた。その次の日から、嫁はもっと大変になったが、姑のためにと必死で水汲みをした。

そんな日が何日が続き、ある朝のこと。嫁が観音様に「おかあさんの腰が早く良くなりますように」とお願いした。するとその時、家の前に水が湧いてきた。嫁は水を見て大喜びし、早速水を汲んで風呂を沸かしてやった。

この泉の水で沸かした風呂に入った姑の身体に、異変が起こり始めた。そして姑が「何とありがたい湯じゃろう。腰の痛いのが治っていくようだ」と手を合わせた。そして風呂からあがると「おめえにさんざん無理なことをしてすまなかった」と詫びた。観音様がくださった泉は、頑な姑の心を清らかに解きほぐし、腰の痛みまで治してくれた。

それからもこの泉はこんこんと湧き続け、家の前は豊かな畑となった。そしてこの泉は「めぐみの泉」と呼ばれ、それからも清らかな水を絶やすことはなかったそうだ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典千葉県
場所について御宿町上布施1474の真常寺?(お嫁さんが観音様に祈った場所)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
9.3750 9.38 (投票数 8) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)