このお話に投票する
  • 各お話への投票は一度だけにお願いします。
  • 評価は 1 から 10 までです。(1が最低、10が最高)
  • 客観的な評価をお願いします。点数が1か10のみだと順位付けの意味がありません。
  • サイト管理人は各お話に投票できません。
  

No.1011
きつねみず
キツネ水

放送回:0637-A  放送日:1988年02月20日(昭和63年02月20日)
演出:岩崎治彦  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:岩崎治彦
熊本県 ) 11001hit
あらすじ

昔、熊本の稗方というところに村があったが、水の便が悪く作物がとれず人々は苦しい生活をしていた。この村に、伊助という笛吹きが上手い若者がいた。

ある朝、伊助が笛を吹いていると、自分を呼ぶ声がしたので振り返ると、一匹の狐がいた。狐は息子が嫁をもらうことになり、嫁入りの時に伊助に笛を吹いてもらいたいとお願いした。伊助は狐の頼みを快く引き受けた。

そして三日後。伊助の家に羽織袴姿の狐が二匹やって来て、彼を迎えにやって来た。伊助が狐たちの案内について行った先に見えたのは豪華な屋敷で、三日前に会った狐が出迎えてくれた。

約束通り、伊助は嫁迎えの笛を吹いていると花嫁がやって来た。屋敷内で婚礼の儀が執り行われたあと、宴会が賑やかに開かれた。伊助も宴会に加わったが、酒に酔って眠ってしまい朝になった。彼が目を覚ますとそこは屋敷ではなく、自分の家だった。

伊助は水を飲もうと水瓶の蓋を開けた時、水瓶の中に狐の姿が見えた。狐は昨夜のお礼として、人々が水に困っていると知り、水の出るところを教えた。「山の中の林の中に柴が生い茂る所があって、そこに椿の枝が挿している」と教えた。

伊助は言われた通り山の中に入ると、山椿の花をつけた枝が一本挿してあった。伊助が椿の花に触れると花が地面に落ち、そこから水が湧きだした。喜んだ伊助は水のことを人々に話し、水の辺り数ヶ所を掘ってみるとすぐに綺麗な水が湧き出た。

狐が教えた水のおかげで、作物が沢山とれただけでなく、干ばつの時も水が干上がることはなかった。そして今でも、稗方のある村では、数十戸の家がこの水を平井戸として使っているそうだ。

(投稿者: Kotono Rena 投稿日時 2013-10-04 21:00)


ナレーション市原悦子
出典熊本県
場所について熊本県の稗方(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
8.6000 8.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/4 23:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (20 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)