No.0996
むすこのくよう
息子の供養

放送回:0628-B  放送日:1987年12月12日(昭和62年12月12日)
演出:又野龍也  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:又野龍也
徳島県 ) 7035hit
死んだ息子の供養をしなかった父親が改心する話

昔ある所に、怠け者で大酒飲みの男がいた。男には息子が一人いたが、病気でその子を亡くしていた。しかし、父親は息子が亡くなっても、相変わらず怠け者で酒ばかり飲み、息子に供え物も水もあげようとはしなかった。

ある夜のこと。父親のもとに、死んだはずの息子が姿を現した。息子が家を出て、いずこかへ歩いて行くので、父親はその後について行く事にした。息子がとある寺の中に入って行く。父親は、そっと中の様子を窺ってみた。

寺の中では死人達が宴会をしているようであった。死人達は、家族の者が供えてくれたお供え物を食べているらしく、どの死人も美味しそうにお供え物を食べたり、酒を飲んだりと賑やかで、宴会は和気藹々としていた。その宴の中には息子の姿もあったが、なぜか息子は宴の中に入ろうとせず、部屋の中でうずくまり、ただ、他の者のドンチャン騒ぎを聞くまいとするかのように、背を向けていた。

どうやらあの世の世界では、死者は身内や友人などが供えてくれた食べ物は食べることが出来るのだが、他の者に供えられた食べ物は食べることが出来ないらしかった。そのため、息子は他の死者から供え物を分けてもらう事ができず、また、彼の父親は飲んだくれてばかりで、供え物の一つもあげてこなかったから、息子はあの世で食べるものはおろか、飲む水にすら困り果てて、苦しんでいたのであった。

我が子がそんなに辛い思いをしていると知った父親は、涙を流して今までの自らの行いを悔いた。それから父親は改心し、あの世で我が子が食べるものに困らぬよう、飲む水に困らぬよう、毎日水や供え物を欠かさず行うようになったということだ。

(投稿者: パンチョ 投稿日時 2012-5-23 0:49 )


ナレーション市原悦子
出典徳島県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.5000 8.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/5/23 2:07 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 23  件):   <前  1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 23  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
パンチョ  投稿日時 2012/5/19 13:05 | 最終変更
この話を見た時、結構ショックを受けて、人は亡くなってもそれで終わりではなく、あの世での人生があるんだ。だから、残された者・・・身内や友人達は、お供え物や水を忘れずにあげて、故人の冥福を祈り、ちゃんと弔ってあげなくちゃいけないのだと思った。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)