トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  青森県 >  赤ん坊になった爺さま
No.0954
あかんぼうになったじいさま
赤ん坊になった爺さま

放送回:0601-A  放送日:1987年05月30日(昭和62年05月30日)
演出:多賀深美  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:多賀深美
青森県 ) 7054hit
あらすじ

昔あるところに、二人の60歳のじいさんがいた。

一人の爺さんは独身で、体力が衰えていくわが身を悲観していて自殺したかった。もう一人のじいさんは、木綿問屋を成功させ結婚していていたが子供がいなかった。

このじいさんがそれぞれ、観音堂へ願掛けに行った。独り身の爺さんは、さくっと死ねるようにお願いした。木綿問屋のじいさんは、子供ができるようにお願いした。すると、独り身の爺さんの目の前に観音様が現れ、若返りのお札を5枚くれた。観音様は「お札を1枚飲むと20歳若返る、3枚飲むと生まれる前に戻れるので、つまり死ぬ」と言った。

死ねるとわかり、喜んでお札を2枚飲んだ爺さんは20歳になった。20歳になった爺さんは、木綿問屋の夫婦に不思議なお札の話をして聞かせた。しかし、お札の話を信じなかったため、木綿問屋の夫婦にもお札を1まいずつ飲ませてあげた。それぞれ20歳ずつ若返った様子を見ていた番頭さんも、若返りのお札が欲しくなり、最後の一枚を巡ってお札の取り合いが始まった。

その争いの中で、お札の端っこが少ーしだけ、ちぎれてしまった。それに気づかず、少しちぎれてたお札を急いで飲み込んだ20歳の爺さんは、生まれた直後の赤子になった。子供が欲しかった木綿問屋の夫婦の跡取りとして、赤子の爺さんは大切に育てられた。

(紅子 2011-2-11 22:30)


ナレーション市原悦子
出典青森県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/13 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 25  件):   <前  1 ..  14  15  16  17  18  19  20  .. 25  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2016/6/11 21:51
観音様、そういう計算だったのね…。
おっくん  投稿日時 2016/5/14 12:44
もしかしたら、一番、幸せ、だったのかもしれません、
 今では、考えられない事でも、お爺さんは幸せになれたはず、
 二つまでの、物事が、一つに、なって、二つとも、幸せに成れる、
 幸せならね。
ゲスト  投稿日時 2015/1/15 23:57
観音様の慧眼に恐れ入ります。
匿名希望  投稿日時 2014/10/16 10:46
何となく、「赤ん坊になった婆さん」とキャラかぶった昔話だね。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

52 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)