No.0908
だいこんおばけ
大根お化け

放送回:0572-A  放送日:1986年11月01日(昭和61年11月01日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:金海由美子
鹿児島県 ) 8419hit
あらすじ

昔、山の頂きにある村がありました。

この村では、畑が山の斜面につくられていので、雨が降るたびに肥えた土が流されてしまい、すっかり畑の土は痩せていました。畑で育つ大根も、まるでごぼうのようにヒョロヒョロの細いものでした。

この村に住む千吉という若者は、何度肥やしをやっても同じことの繰り返しなので、すっかり嫌気がさしてきました。父親からたしなめられても、千吉は肥やしをまかなくなってしまいました。

ある晩、隣村からの帰り道、千吉は畑の上を飛び回る白い化けものを見つけました。この話を聞いた村の若者のゴンベエと平太とともに、次の日の夜に化けもの退治にでかけました。

三人は、酒を飲みながら畑で待ち続けましたが、なかなか化けものは現れませんでした。千吉が諦めてひとり帰ろうと畑を歩き出すと、頭に笠をかぶったまっ白な化け物が現れました。

化けものは「こえをかけろぉー」と言いながら、千吉たちを追っかけはじめました。追い詰められた千吉が「わかった、声をかけてやる!うぉぉぉーい!」と大声で叫ぶと、まっ白な化けものはやせ細った大根に変わりました。

化けものの正体は、以前に千吉が引っこ抜いて捨てていた大根でした。痩せた大根が「肥やしをかけろー」と言っていたのです。

それからの三人は、雨が降ってもめげずに肥やしをまくようになりました。それからというもの、太った大きな大根や芋がたくさん取れるようになったということです。

(紅子 2013-12-27 23:26)


ナレーション常田富士男
出典下野敏見(未来社刊)より
出典詳細屋久島の民話 第二集(日本の民話38),下野敏見,未来社,1965年02月25日,原題「化けもの退治」,採録地「屋久町麦生」,話者「市橋祐光」
備考冒頭切れてるけど出典元は台本で確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/12/27 23:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  19  20  21  22  23  24  25  .. 38  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

50 人のユーザが現在オンラインです。 (37 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)