トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  長野県 >  白馬岳の魔神
No.0881
しろうまだけのまじん
白馬岳の魔神
高ヒット
放送回:0554-B  放送日:1986年06月28日(昭和61年06月28日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:星野靖高  作画:荒川真嗣
写真あり / 長野県 ) 23628hit
あらすじ

昔ある所にものすごい大金持ちの長者がいて、その長者には、たまき(手巻)という大変美しい娘がいた。 たまきが年頃になるとあちこちから嫁に欲しいという声があったが長者は首を縦にふらなかった。

だがたまきはある時から一人の若者と一目を忍ぶようになっていた。その若者は夕暮れになると白馬岳の方からどこからともなくやって来るのだが、名前も住所も明かさなかった。やがてそのことが長者の耳に入り、長者は男と別れなければ人をやって男を成敗すると怒った。

そして次の夕暮れ、たまきは泣きながら若者に二度と会えなくなりましたと告げた。すると若者は突然姿を変え、見る間に怪物に変わった。逃げるたまきをつかまえ、その精気を吸い取ろうとした時、猟銃が火を吹いて怪物は倒れた。それは村の猟師が放った鉄砲だった。

娘を危うい所で助けられた長者はその猟師にたまきを嫁としてやることにした。そして祝言が挙げられている夜、突然障子が破られ、鉄砲で撃たれて死んだはずのあの怪物が巨大な姿になって入ってきた。そしてたまきをかかえ、黒雲に乗るとあっと言う間に白馬岳山頂目指して消えていった。

村人は朝までたまきを探したが、怪物もたまきも見つけることは出来なかった。夜が明けてみると、真っ白だったさくら草が真っ赤に染まっていた。飛び散ったたまきの血で染まったのだろうと言われている。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典信州の伝説(角川書店刊)より
出典詳細信州の伝説(日本の伝説03),大川悦生,角川書店,1976年2年10日,原題「白馬岳の魔神」
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価4.0000 4.00 (投票数 24) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 40  件):   <前  1 ..  26  27  28  29  30  31  32  .. 40  次>  
コメント一覧
10件表示 (全12件)
TOSHI  投稿日時 2016/1/30 7:42
なんだこの消化不良の話は!
下唇おじさんしか見どころがない。。
ゲスト  投稿日時 2015/11/21 15:55
このお話はフリルマニアの変態妖怪に狙われる美女の話です。
って書いても間違ってないよね?きっとこの妖怪ってたまきさんを
フリルまみれのドレスを着せたかったんじゃ?と邪推してしまったw
匿名希望  投稿日時 2014/11/30 13:56
子供の頃、リアルタイムで見た時。
物凄く、衝撃的だった・・・。
多分、トラウマになっちゃうからDVDに収録されないかも。
うさぎ  投稿日時 2014/3/9 4:00
この話は今でも鮮明に記憶にこびりついている。小さい頃に観ていて、当時は怖くて怖くて、トラウマになっていた。しかし、話は凄く好きだった。悲しい結末なのも好み。魔神は、本気でたまきに恋をしていて、一生正体をあかさずに結ばれたかったのか、最初から喰うつもりで騙していたのか、そこだけが気になる〜
マルコ  投稿日時 2013/8/7 14:44 | 最終変更
じっと昔、村の西にそびえている山々にも、 白馬岳にもはっきりとした名前が無かった頃のお話です。

かつてこの村の衆はこの山々をひとまとめにして「岳」とか「岳山」、そして「西山」と呼んでいたそうです。
山々が今呼ばれているような名前になったのは、じっと後のことです。白馬岳は越後(新潟県)、越中(富山県)、 信濃(長野県)の三つの国の境にありますから、 山を見る場所によって山の形も様々で、それぞれの国では山の名前も違っていました。

山の北東側の越後では 「大蓮華山」と呼んでいました。
真っ白な雪をかぶった山々が重なり合って続く姿が極楽の池に咲くという白蓮の花の姿に良く似ているからです。

山の西側、越中では「上駒ヶ嶽」と呼んでいたそうです。里の近くに馬の雪形が現れる「駒ヶ嶽」という山があり、 その奥に見える山なので「上駒ヶ嶽」と呼んだということです。

信濃では春先になると山腹に代かき馬の雪形が現れて、村の人たちに代かきの時期を教えることから「代馬嶽(しろうまだけ)」と呼んでいました。
村の野良仕事は山の雪形を見て進められてきました。その後「代馬嶽」が 「白馬岳」と書かれるようになりました。 またいつの間にか「白馬(はくば)」と音読みされるようにもなり、 今ではふもとの村や駅も「はくばむら」「はくばえき」と呼ばれています。

現在の白馬村では、白馬岳に関するもののみを「しろうま」と呼び、 それ以外の施設や地名はほとんど「はくば」と呼んでいます。


(近年あたらしく出来たしろうま保育園というのもあります)

また、『白馬』を「はくば」と読んでも「しろうま」と読んでも間違いではありません。
白馬岳を地元の人は「しろうまだけ」と読む人が多いですが、「はくばだけ」でも充分に意味は通じますし、 それをわざわざ間違いと指摘する人も(多分)いないでしょう。

(白馬ハイランドホテル)
http://www.hakuba-highland.net/shiroumadake.html


KK  投稿日時 2013/4/21 15:59
二人の甚五郎ですか。見てみたいと思います。他に飛騨の話は、十六人谷や亡者の通る道に人形山もそうだったような気がします。飛騨は怖い話や悲しい話が多いですね。他にもあれば、ぜひ教えてください
マルコ  投稿日時 2013/4/20 15:33
飛騨と言ったらやはり飛騨の甚五郎のお話でしょう!!
「二人の甚五郎」のお話をお勧めします!!
KK  投稿日時 2013/4/20 14:53
この話のあった、飛騨山脈は怖い話が多いですね。幽霊街道や亡者道も飛騨山脈の話だったような気がします。他にも、飛騨の話があれば教えてください。社会の授業で地図帳見てたら「小谷」(おたり)や白馬岳や白馬という地名もありました。
たまきち  投稿日時 2013/4/13 7:34
でも終わりかたがハッピーエンドじゃないような…(-。-;
ゲスト  投稿日時 2013/3/30 1:43
当時4歳だったので、魔神の変身が怖すぎて(目がいきなりぎょろっとしたのとか)大泣きしたのだけ憶えています(笑)
今見たらそんなに怖くなかったのね…。
内容しか憶えて無くて、ずっと気になっていた話でした。
トラウマ払拭されました。ありがとうございます。
投稿ツリー
10件表示 (全12件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)