トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  佐賀県 >  背振山の石楠花
No.0870
せぶりやまのしゃくなげ
背振山の石楠花

放送回:0547-A  放送日:1986年05月10日(昭和61年05月10日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:小出英男  作画:柏木郷子
佐賀県 ) 10253hit
あらすじ

昔々、肥前と筑前にまたがる背振山(せふりやま)に“べんじゃあさん”という姫神様が住んでおられた。べんじゃあさんとは、弁天様のことである。

ある日のこと、べんじゃあさんは豊前の英彦山(ひこさん)で開かれる神様の寄合に招かれた。季節はちょうど五月の始め。英彦山には、辺り一面に薄桃色をした石楠花(しゃくなげ)の花が咲いていた。それは得も言われぬ美しさで、べんじゃあさんは思わず感嘆の声を上げ、背振山にもこの石楠花が欲しいと言うのだった。

ところが、これを聞いた英彦山の天狗は「この石楠花の花は、一本たりとも他所の山に持ち出すことはならん!!」と、すごい剣幕で怒る。

それでも、どうしても石楠花がほしいべんじゃあさんは、寄合の後、山の中腹から石楠花を一株つかみ、大急ぎで逃げ出した。これを見た天狗は、カンカンに怒って追いかけて来る。べんじゃあさんは、天馬にまたがり必死逃げるも、背振山まであと少しという所で、天狗に追いつかれてしまった。べんじゃあさんは、仕方なく石楠花を放り投げて逃げた。すると、放り出された石楠花は竹ノ屋敷の辺りへ落ちて行った。

一度は失敗したものの、べんじゃあさんは、まだ石楠花をあきらめてはいなかった。再び天馬にまたがると英彦山へと向う。今度は、天狗に見つからないように雲の中に隠れ、素早く石楠花を一株つかみ、背振山へと天馬を飛ばす。今度こそうまくいったと思ったのもつかの間、突然、雲の中から天狗が姿を現した。天狗は帰り道で待ち伏せしていたのだ。

こうして、べんじゃあさんは、またも天狗に捕まってしまい、石楠花を手放す羽目になった。そして、石楠花は背振山の尾根、鬼ヶ鼻の方へと落ちていった。

結局、べんじゃあさんは石楠花を手に入れることが出来ず、そんな訳で今に至っても、背振山には石楠花が一本も生えていないのだそうだ。一方、べんじゃあさんが落とした二株の石楠花は、それぞれ竹ノ屋敷と鬼ヶ鼻に根を降ろし、毎年薄桃色の花を咲かせるようになった。

いくら贅沢なべんじゃあさんでも、どうしても手に入らない物があったという話だ。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2013-12-20 18:30) 


参考URL(1)
http://www.asahi-net.or.jp/~mr5t-tr/benzai.htm
参考URL(2)
http://www.yado.co.jp/hana/saga/jyoutokuji/jyoutokuji.htm
ナレーション常田富士男
出典佐賀の伝説(角川書店刊)より
出典詳細佐賀の伝説(日本の伝説38),辺見じゅん,角川書店,1979年9年20日,原題「脊振山の石楠花」
場所について上宮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:上宮
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/12/20 18:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 4  件):   <前  1  2  3  4  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
石川菜々子  投稿日時 2015/11/14 14:27
聞いたときに意見をすぐ話せば
執着心が変わるものになるように
得たようなこと、ものから、
理想的な姿を保て
いられれば、
過去未来永劫かな。
鍋島の子孫です  投稿日時 2014/8/30 21:54
ご先祖様さまが廃藩置県後、子爵の称号を得てまで、なぜ背振の山奥移り住んだのか不思議でなりませんでした。
今は事情を聞こうにも、祖母は亡くなり叔母は認知症を患い、母もうろ覚えだし、手詰まりでがっかりしておりましたが、こちらに辿り着くことができ、スッと謎が解けました、本当にありがとうございました。
araya  投稿日時 2011/12/4 13:56
背振山の歴史は古く、欽明天皇の552年の故事に「紫雲棚引く山の嶽上に辨財天女降臨し、給仕の龍が背を振りしより背振山という」とあります。その後の中興の歴史を紐解くと、背振山を信仰する鍋島藩祖の鍋島直茂公の助力を得て、1596年に上宮に弁財天堂、中宮に水上・多聞・土橋・石上・中谷・香善・萬善・北谷・道場・五戒の十ヶ坊を再興、1600年には下宮の積翠寺に修学院を建立したそうです。

現在は「航空自衛隊背振山分屯基地・第43警戒群」の施設が山頂にありますので、雰囲気はアレですけど、下記のサイトから写真で上宮の位置を確認できました。

http://ooitanoyama.in.coocan.jp/sub10132.html

緑の矢印の先にある敷地が上宮になります。頂上の写真もグーグルマップに掲載されていますね♪

http://g.co/maps/bz4xj
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)