No.0819
まつやまのどうくつ
松山の洞窟

放送回:0515-B  放送日:1985年09月28日(昭和60年09月28日)
演出:古辺光治  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
秋田県 ) 14141hit
あらすじ

戦の後、落ち武者が村に逃げてきた。村人は同情して捕らえようとはしなかったが、助けるわけにもいかず近くの洞穴に隠れていることを見て見ぬ振りすることが精一杯だった。

ある夜、大豪雨のせいで落ち武者が隠れている洞穴が大岩で埋まってしまう。落ち武者は必死で助けを呼んだが、村人は落ち武者を助けると自分たちが咎められるので、身を切られるような思いでその声に耳を耳を塞ぐしかなかった。何日かして、とうとう声が聞こえなくなったので村人は、落ち武者が力尽きて死んだのだと思い、気の毒に思いながらもほっとした。

しかし、またしばらくすると埋まった洞穴の中から声がする。この前までの苦しげな声ではなく、悲しげに歌を歌っているのだ。その声は何年も途切れることがなかった。村人は恐れおののき、慰霊をしたが歌声はおさまらない。

何十年も経ったある日、突然洞穴を塞いでいた大きな岩がぐらりと動いた。信じられないことに、洞穴の中から、白骨化した落ち武者が岩を持ち上げるような格好で後に続いて出てきた。しかし、彼はどうみてもただの屍で、もう何の声も出さなかった。

久しぶりに太陽を浴びたその顔は、恨みも悲しみも最早無く、晴れ晴れとしていたという。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典松谷みよ子(角川書店刊)より
出典詳細乱世に生きる(日本の民話 08巻),松谷みよ子,角川書店,1973年2年10日,原題「松山の洞窟」
場所についてみちのく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.6000 8.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 32  件):   <前  1 ..  15  16  17  18  19  20  21  .. 32  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
TOSHI  投稿日時 2016/1/30 20:54
怪談話を期待したけど、そこまでの怖さはなくて残念。
ラストに、まさかの怪力を披露する落ち武者の亡霊。生きてる間にこの力が欲しかった・・・・
ゲスト  投稿日時 2013/9/13 17:11
子どものころ、見て衝撃を受けた作品のひとつです。大人になって-再び出会えるとは。あの頃はただただ恐ろしかった話なのに、いま-見たら涙が出てきちゃいました。…悲しい話だなあ。


常田富士男の演技すごいな!子どもだけじゃなくて大人がみても結-構面白い!安っぽい怨霊話になってないのが、また良い。

生き埋めとは、は無念だろーね・・・色々考えさせられる話ですね。
ゆうき  投稿日時 2012/9/25 22:28
やっと長年の疑問が晴れました。
こどもの頃観てとても衝撃だったのでずっと覚えていました。
このサイトを見つけてすぐに何という話だったのか分かりました。よかったです。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)