トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  山形県 >  幽霊にもらった力こぶ
No.0808
ゆうれいにもらったちからこぶ
幽霊にもらった力こぶ

放送回:0508-A  放送日:1985年08月10日(昭和60年08月10日)
演出:光延博愛  文芸:沖島勲  美術:岡田和夫  作画:吉田恵久子
山形県 ) 7409hit
あらすじ

昔、ある所に「げんごえもん」という男がいた。この男村でも評判のちから無しで、子供にもバカにされるほどだったので自分が嫌になり、ある日旅に出ることにした。

かなり歩くといつの間にか暗い森の中に立っていた。その森には沼があり、その沼の前に赤ん坊を抱いた女が立っていた。女は沼にはまって死んだ者で「南無阿弥陀仏」を100万回唱えないと成仏できないのだが、この子がすぐ泣くので唱えきることができないと話した。そして赤ん坊をお経を唱える間抱いててほしいと、げんごえもんに頼んだ。

気の優しいげんごえもんは、女の赤ん坊を抱いた。その赤ん坊はびっくりするほど軽かったが、女がお経を唱え始めるとだんだん重くなってきた。げんごえもんは必死で赤ん坊を抱き続け、女はとうとう100万回のお経を唱え終った。

お経を唱え終った女は赤ん坊を受け取ると、お礼に何でも願いを叶えてくれると言う。げんごえもんはちからが無いから、もう少しちから持ちになりたいな、と言った。 すると突然女の顔が鬼のように変わり、げんごえもんの手を取って空高く舞い上がり、げんごえもんを地上へ放り投げた。

げんごえもんは悲鳴を上げて地上に落ちていったが、地上にぶつかる寸前、自分の手で着地した。げんごえもんが驚いてちからこぶを見てみると、ものすごいちからこぶが出来た。 試しにその辺の石をにぎってみると素手で割れた。

こうしてげんごえもんは村はおろかその辺り一帯でも有名なちから持ちになり、そのちからを村のために存分に使ったそうだ。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典烏兎沼宏之「山形県の民話」(偕成社刊)より
出典詳細山形県の民話(ふるさとの民話4),日本児童文学者協会,偕成社,1978年8月,原題「ゆうれいにもらった力こぶ」,再話「鳥兎沼宏之」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価6.5000 6.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 48  件):   <前  1 ..  23  24  25  26  27  28  29  .. 48  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
なつかしい・・・  投稿日時 2014/8/24 1:18
この回に携わった者です。
業界を去って**年・・・ こんなふうに昔の仕事に出会えるなんてね。
同僚たちを思い出しました。みんな若かったな~・・・元気でいるかな?
 
匿名希望  投稿日時 2014/7/24 13:17
幽霊のおかげで、主人公が力持ちになって良かったね!
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)