トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  岐阜県 >  霧茂谷の岩魚
No.0801
きりもだにのいわな
霧茂谷の岩魚

放送回:0503-B  放送日:1985年07月06日(昭和60年07月06日)
演出:大竹伸一  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:関本典孝
岐阜県 ) 15514hit
あらすじ

あるところにイワナ釣りの好きな男がいました。

ある日その男の妻が出産の為に里帰りすることになりました。里帰りする前に妻が男に「私が無事に出産して帰ってくるまで、決して殺生はしないで下さい。」と言う。男は「わかった。大好きなイワナ釣りもしねえ」と約束する。

しかし、妻が出ていって何日かすると、好きなイワナ釣りをどうしてもしたくなり、妻との約束を破って、イワナ釣りにでてイワナを食べしまう。すると岩場に妻が現れ「どうして約束を破ってしまったのですか?」と悲しむ。そこで男は急に冷静になり「しまった!おれはなんて言うことをしてしまったんだ」と不安をかきたてられ、慌てて家に帰る。

はたして家には、無事に出産をすませた妻が子供に乳をやっていた。「あんた、どうしたん?」 その後妻がもうイワナ釣りをしても良いと言っても、男は二度とすることはなかった。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典江馬三枝子(未来社刊)より
出典詳細飛騨の民話(日本の民話15),江馬三枝子,未来社,1958年12月20日,原題「霧茂谷の岩魚」,採集者「和仁市太郎」
リメイク情報飛騨の霧茂谷
場所について高原川へそそぐ小さな支流の谷間(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:高原川へそそぐ小さな支流の谷間(地図は適当)
追加情報
このお話の評価7.2857 7.29 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1 ..  20  21  22  23  24  25  26  .. 47  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ゲスト  投稿日時 2021/5/21 13:17
飛騨弁には「こわい(こ~わい)」の使用頻度が多い。
申し訳ないときに使ったり、
ありがたいときに使ったり、
嬉しいときも、悲しい時も使うこの言葉。
飛騨びとの「こわい」は「恐ろしい」のではありません。
なんだか便利な言葉です。
怖い、嬉しいを表しているのかもしれません。
ゲスト  投稿日時 2019/6/8 16:20
本当に不思議ですよね。やはり岩魚が化けたんですかね。
ゲスト  投稿日時 2017/3/31 16:31
同じイワナでもイワナ坊主は食べる分は許容したのにこのイワナずいぶん融通がきかんなぁ
ゲスト  投稿日時 2016/1/23 22:16
不思議な話だ、もしかしたら夫の前に現れた妻はその妻の生き霊だったのかそれとも食べられた岩魚が化けて出たのかその正体が触れられてないのはなぜだろう
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (22 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)