No.0779
ひばりむかし
雲雀むかし

放送回:0489-B  放送日:1985年03月30日(昭和60年03月30日)
演出:古辺光治  文芸:沖島勲  美術:阿部幸次  作画:上口照人
岡山県 ) 5847hit
牛を虐待するDV男がヒバリになる話

昔、岡山の吉備高原というところに五平という牛飼いの男がいました。

五平は、言う事を聞かない牛には、それはもう何度も何度も打ちつける、とても意地悪で心根の冷たい男でした。女房が「あまり牛をいじめないように」と忠告するのですが、全く聞く耳を持ちませんでした。

この年はとりわけ暑い夏でした。のどが乾いた牛が、勝手に水飲み場へ行ってしまわないように、炎天下の中に木につないでいました。それでも、五平が気が付かないうちに、一頭の牛が綱を引きちぎり、水飲み場へ行ってしまいました。

怒った五平は、牛をしたたかに叩きつけ、水をやらずに牛舎につなぎました。しかし、のどが乾ききった牛は、五平を突き倒してこぼれた水をゴクゴク飲みました。

怒り狂った五平は、水も飲ませないまま、炎天下の中、牛を連れ出し出かけていきました。すっかり弱っていた牛は、途中でとうとう力尽きて動かなくなり、そのまま死んでしまいました。

すると、五平はのどが渇いて渇いて耐えられなくなりました。家に帰って手桶の水を飲みほしましたがまだ足りず、大きな水瓶の水を飲みほしましたがまだ足りませんでした。五平は「もっと水をくれ」と言いながら、そのまま息絶えました。

死んだ五平は、ヒバリに生まれ変わりました。五平のヒバリは、夏になるとやけに喉が渇きました。空から清水を探しては、まっしぐらに降りてみますが、降りてみると清水は消えてしまいます。

いつまでたっても清水の水にありつけず、五平のヒバリは、今も水を求めて飛び続けているそうです。

(紅子 2013-9-13 18:51)


ナレーション市原悦子
出典稲田浩二(未来社刊)より
出典詳細岡山の民話(日本の民話36),稲田浩二,未来社,1964年03月15日,原題「雲雀むかし」,採録地「久米町中北上」,話者「立石長」,採集「立石憲利」
場所について吉備高原(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:吉備高原(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.5000 9.50 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/13 18:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 33  件):   <前  1 ..  9  10  11  12  13  14  15  .. 33  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2011/9/12 21:41
この牛飼いの男、最悪だな。死んだ後にヒバリに生まれ変わったという事だが、ヒバリにするのももったいない。馬の糞にでも生まれ変わるのが丁度よい。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (40 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)