トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  宮城県 >  七日七夜飛びつづけたタマ
No.0763
なのかななやとびつづけたたま
七日七夜飛びつづけたタマ

放送回:0479-A  放送日:1985年01月19日(昭和60年01月19日)
演出:河内日出夫  文芸:沖島勲  美術:吉田陽子  作画:加藤鏡子
宮城県 ) 7007hit
鉄砲の弾があちこちに跳ね返って飛び続ける話

昔、宮城県丸森という所に、正吉という猟師がいた。腕が悪い庄吉は、これまで獲物らしいものは一匹も仕留めた事がなかった。

ある日、大きな鹿を崖の上に追い詰め、正吉は鉄砲を撃った。しかし撃った弾は鹿にはあたらず、そのまま森の木々に当たって跳ねかえってきた。森の中を縦横無尽に飛び回る弾は、七日間たっても落ちることなく飛び続けた。

村の中でも弾が飛び回り、仕方なく正吉は再び山に入った。弾に向かって大声で文句を言ったはずみで、うっかり発砲してしまった。すると弾同士が偶然にもぶつかって、飛び続けた弾はやっと地面に落ちてきた。庄吉が辺りを見回せば、飛び回った弾に当たったのだろう沢山の鳥が落ちていた。

正吉はお詫びとして村人たちに鳥を分け、あの弾をお守りとしていつも大切に持ち歩いた。

(紅子 2011-12-7 0:50)


ナレーション市原悦子
出典宮城県
場所について宮城県丸森町(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:宮城県丸森町(地図は適当)
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/7 0:50 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  7  8  9  10  11  12  13  .. 30  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2016/4/5 10:16
猫の話かと思ったら
ゲスト  投稿日時 2016/2/27 23:13
危ねーな!!
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)