No.0758
おおかみととら
狼と虎
高ヒット
放送回:正月特番  放送日:1985年01月02日(昭和60年01月02日)
演出:上口照人  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:細谷秋夫
岩手県 ) 20155hit
あらすじ

昔、ある食料の豊かな山に、虎と唐獅子(からじし)が住んでいました。その山の下の荒れ地には、みじめなオオカミが住んでいました。

オオカミはいつもお腹を空かせ、虎の強烈な吠え声に迷惑していました。オオカミは、どうにかして虎を追い出し自分が豊かな山で暮らしたいと考え、友達のキツネに手助けを頼みました。

そこでキツネは、虎と唐獅子に「勝利したほうがこの土地に残る」という勝負を持ちかけました。虎&唐獅子は快諾し、さっそく三本勝負が始まりました。

知恵者のキツネは、吠え声対決もかけっこ勝負も虎に勝利し、最後の勝負「術比べ」もキツネの妖術で勝利しました。敗北を認めた虎と唐獅子は、約束通りこの山から去っていきました。

しかし、あくまでキツネの知恵により勝利を得たため、オオカミは虎たちのリベンジが恐ろしくなりました。結局、オオカミはこの食料豊かな土地を捨て、どこかへ逃げ出してしまいました。

こんなことがあってから、オオカミは虎と唐獅子の仕返しを恐れて、仲間たちと群れで暮らすようになりました。キツネはというと、今でも単独で行動しているそうです。

(紅子 2015/5/23 16:21)


ナレーション市原悦子
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価7.0000 7.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2015/5/23 16:21 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  52  53  54  55  56  57  58  .. 80  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
マツツン  投稿日時 2020/4/12 12:20
ラストの狐のポカーンとした顔がなんともいえませんね。
Perenna  投稿日時 2020/4/9 21:58
この昔話と似たような話が「若狭・越前の民話」(杉原丈夫・石崎直義共編、未来社)に収録されています。
福井県遠敷郡にお住いの松尾利一さんの語った「けものの力くらべ」という民話です。
「むかし唐の国のカラシシとトラが日本のオオカミに、力くらべの挑戦状を出しました。
オオカミはかねて、「トラは千里のやぶを越す」とか「カラシシがほえれば、けものたちの首がとぶ」という噂を聞いていたので恐れをなし、心配でたまりません。
ある日、賢いキツネがオオカミのところへやって来たところ、唐のけものから来た手紙のことを打ち明けられます。
日本中のけものが集まって話し合いましたが、誰も戦う自信がなく、オオカミに加勢をするものがいません。
そのときキツネが単独で、日本代表として唐の国に行くことを申し出ます。
キツネは持ち前の知恵を使って、かけっこ勝負でトラに勝利し、吠え声対決でも土の耳栓をしてカラシシに勝ちます。
キツネは、のどが裂けて死んだカラシシの首をおみやげにして、意気揚々と日本に帰ります。
けものたちは優勝のお祝いに、シシの首を手にもって踊りました。
これが日本の獅子舞いの始まりだということです。」

福井県と岩手県の昔話は細かいところで違いがありますが、どちらも同じ話が元になっていると思われます。
原話はいったいどのようなものだったのでしょうかね?
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (30 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)