No.0746
よこづかのしょうぞう
横塚の庄蔵

放送回:0469-A  放送日:1984年11月10日(昭和59年11月10日)
演出:芝山努  文芸:沖島勲  美術:大野広司  作画:吉本桂子
三重県 ) 6174hit
あらすじ

昔、ある村に千枚田という田があり、そのまん中に真四角の田があった。その田の前には庄蔵という者が住んでいて、家の横に塚があったので「横塚」とみんな呼んでいた。

この横塚には、大判小判が埋まっているという噂があった。しかしこの横塚を掘るためには、庄蔵の家の敷地を通らねばならず、村人はだれも横塚近くに寄りつけなかった。

ある日、村人が畑仕事を終えて帰っている時、庄蔵が小判を磨いているところを見かけた。その夜、村人は集まって、横塚の小判を掘るいい方法がないか考えた。「家の前を通るのがダメなら穴掘って地下から行けばいい」

次の日、村人たちは庄蔵の敷地を通らなくて済むように、地下から空から試したが難航した。するとその様子を見ていた庄蔵は、「そげな事せずとも、家の前通りゃいいのに」と言う。そこで村人たちはすぐに降りてきて、家の前を通って横塚を掘り始めた。

掘ってみると、瓶いっぱいに入った大判小判を発見した。しかし、今回庄蔵があっさり家の前を通るのを許したのには訳があった。実は庄蔵、塚を一度掘り起こし、偽物の大判小判を埋めておいたのだ。村人たちは、そんなこととは知らずに街へ買い物に行ったが、反物屋の店主に「その大判は、偽物ですよ」と言われる。

その頃、庄蔵は「あいつら今頃街で恥かいているだろうなぁ」と、笑っていた。庄蔵は、自分が掘り当てた大判小判を、誰にも盗られないように元の場所に埋めておいたが、庄蔵も本物の大判小判など見たことはない。何のことはない。実は庄蔵が最初に掘り当てた大判小判も偽物だったのだ。

しかし、庄蔵はその大判小判を使うことがなく死んでしまい、今もこの辺りでは、塚の下に大判小判が埋まっていると伝えられている。

 

(投稿者: KK 投稿日時 2012-10-7 10:00)


ナレーション市原悦子
出典倉田正邦(未来社刊)より
出典詳細伊勢・志摩の民話(日本の民話31),倉田正邦,未来社,1961年02月28日,原題「横塚の庄蔵」,採録地「一志郡」,話者「田中きく」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/10/7 16:12 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 28  件):   <前  1 ..  10  11  12  13  14  15  16  .. 28  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)