トップページ >  お話データベース >  東北地方 >  岩手県 >  仏さまの鼻の穴
No.0741
ほとけさまのはなのあな
仏さまの鼻の穴

放送回:0466-A  放送日:1984年10月20日(昭和59年10月20日)
演出:こはなわためお  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:こはなわためお
岩手県 ) 6274hit
あらすじ

昔、ある山里に、太助とお辰という夫婦が住んでいました。

この嫁は、欲張りで見栄っ張りでした。夫婦の家には大きな仏様があり、いつも「家宝の仏様じゃ」と吹聴していましたが、手入れなどした事はありませんでした。

ある時、町の古物商人が「仏様を200両で買い取りたい」とやってきました。欲張りな嫁は、さらに高値の300両で買い取るようにと吹っかけましたが、古物商人は「その金額では高すぎて買えない、一つ欠点があるからなぁ」といって、帰っていきました。

嫁は、仏様のたった一つの欠点は何だろうか、と一生懸命考えました。嫁は「きっと鼻の穴が無いことが欠点だろう」と思いつき、さっそく仏様に鼻の穴をあけてさらに金箔をはりました。

しばらく経った頃、また別の古物商人が「300両で買い取りたい」とやってきました。しかし、鼻の穴があいている仏様を見た古物商人は、驚いて「鼻の穴をあけてしまっては、この仏様には何の値打もない」と言って帰っていきました。

最初の古物商人が言っていた欠点とは、小さな虫食いの跡だったそうです。

(紅子 2013-10-14 17:48)

 


ナレーション常田富士男
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.0000 8.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/10/14 17:48 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  50  51  52  53  54  55  56  .. 80  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
餃子  投稿日時 2013/3/27 13:53
初投稿でしたので失礼いたしました。
あらすじとして投稿しました、何分古い記憶なので人物設定はあいまいですが概ねこのような内容だったと思います。
beniko  投稿日時 2013/3/26 22:17 | 最終変更
こんにちは、投稿拝見しました。

これはあらすじでしょうか。文中にハテナマークがありますが、不明瞭な部分があるので、単なる感想なのか判断つきかねています。
このお話はアニメが存在しているので、この投稿内容は「お話の感想」と紅子的判断でこのままにしておきます。
※一応、ここで紅子は投稿内容を拝見している旨を明記しておきます。宜しくお願いします。
餃子  投稿日時 2013/3/26 19:21
ある夫婦の家に大仏様があり夫婦はそのことを村人に自慢していた、しかし実際は手入れもせずに埃とクモの巣まみれ。
ある日訪れた行商(?)の「大変価値のある大仏だが惜しいことに一つ欠陥がある」の言葉に二人で必死に探したが欠陥がわからない。
鼻くそをほじった妻がふと大仏を見上げると鼻の穴が無い、これだ、と夫婦は鼻の穴を掘り金箔も貼り付けた。
高く買い取って貰おうと行商を呼び寄せたところ「なんてことを!この大仏は鼻の穴がないことに価値があったのに、これでは一文の価値もない」と帰って行った。

行商の言った欠陥とは虫喰いの穴のことだったとさ。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)