トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  神さまの年定め
No.0737
かみさまのとしさだめ
神さまの年定め

放送回:0463-B  放送日:1984年09月29日(昭和59年09月29日)
演出:若林常夫  文芸:沖島勲  美術:若林常夫(渡辺由美)  作画:若林常夫
九州地方 ) 18811hit
人間が年をとってから苦労する、その理由

ずっと大昔の話、この世の生き物には「寿命」が無かったので、神様はすべての生き物に寿命を授けることにした。

まずは、鳥と魚たちの寿命を決めて、それから陸地の生き物には三十年という寿命を決めた。すると、いつも人間に叩かれこき使われている馬が「30歳では多すぎる」と訴えた。仕方なく神様は馬の寿命を20歳としてあげた。今度は、いつも人間の食料の番をするために寝不足の犬が「30歳では多すぎる」と訴えた。可哀そうにと思った神様は、犬の寿命を10歳とした。

しかし人間は「30歳では全然足りません!」と、元気いっぱいに訴えた。長生きして沢山の子供たちと楽ーしく暮らしたい!と訴える人間の欲深さに呆れつつも、神様は馬から引いた10歳と犬から引いた20歳を足してあげた。こうして人間の寿命は60歳となった。

神様が年定めをしてからは、馬は苦労しても20年で、犬は疲れても10年でこの世を去ることができるようになった。しかし、人間は30歳を過ぎると馬のように重荷を負う事になり、40歳を過ぎると犬のように夜もおちおち眠れなくなった。人間は欲をかいたために、年をとってから苦労ばかりするようになった。

(紅子 2011-11-3 22:03)


ナレーション常田富士男
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細神々の物語(日本の民話03),瀬川拓男,角川書店,1973年10年25日,原題「人間の年六十」,伝承地「九州地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.1429 8.14 (投票数 7) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/3 22:03 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 12  件):   <前  1 ..  6  7  8  9  10  11  12  次>
コメント一覧
9件表示 (全9件)
サシャ  投稿日時 2015/3/9 19:32
結局動物の寿命が短い訳は人間にこき使われているからだったんですね
人間の欲深さがあだとなったんですねー
いいお話ありがとうございました!
マルコ  投稿日時 2014/2/25 8:08
『かせかけミミズ』の方の謝罪だったのですか!!マルコはてっきり『神さまの年定め』のほうの謝罪かと思っていました。

ありがとうございます!!
肉じゃが  投稿日時 2014/2/24 15:41
当時うpした者です。
映像ソースは年末の一挙放送だったのですが、これの前の話が本放送と同じく
『かせかけミミズ』でした。
祭りに着ていく着物がないからと全裸でツボに入って運ばれていた嫁さんが
町のど真ん中でツボが割れて(陰部は破片で隠れてましたが)全裸大公開、
周りの群衆それを見て一斉に大・大・大爆笑、
という羞恥プレイシーンがあり、おそらくはそこへの苦情だったと思われます。
マルコ  投稿日時 2013/10/22 18:14
「この番組で一部御見苦しいところがありましたことをお詫びします。」っていうのがお話の最後で表記されていたのを覚えています・・・。誰かが苦情でも行ったんですかね?

確かに、このお話ってムムム・・・っていうところはありましたけどね。(笑)
ぽん  投稿日時 2013/1/20 1:42
そう言えば、音楽レーベルの社長が「昔この話を偉い人から授かった」とか言ってた^^;
その偉い人・・・めっちゃパクリやん・・・
ゲスト  投稿日時 2011/10/10 19:05
こういったお話をみると、人間とは罪深いものだと痛感しますね。このアニメでは、人間がよりバカっぽく描写され、犬や馬に対する仕打ちがこれまたヒドイ。
もう少しまともな人間だったら、少しは話が変わってきただろうに・・・。
※人間の女が常に片乳はみ出てるのが、何だか気になり思わず見ちゃう。
ドイツ滞在者  投稿日時 2011/9/19 23:05
>benikoさま

情報ありがとうございます。なるほど、それではきっとグリム童話が元ネタだと考えてよさそうですね。すっきりしました。ありがとうございました!
beniko  投稿日時 2011/9/11 10:53 | 最終変更
教えてもらってありがととうございます。

調べてみましたら、このお話に非常に似ているものとして、グリム童話の「寿命」というお話があるようですね。きっと、「神さまの年定め」は、グリム童話をもとにしてあるのでしょう。

確信はありませんが、多分、グリム童話が元だと判断します。
(このお話は、世界のお話と類似ページに追記したいと思います)

ドイツ滞在者  投稿日時 2011/9/11 2:25
「神さまの年定め」と非常によく似た内容の話をドイツで耳にしました(ネット上でもドイツ語で読むことができます)。ドイツ語では登場する動物はロバ・犬・猿となっていますが、あらすじはほとんど一緒です。日本の話がドイツに伝わったのでしょうか?それとも別に元になった話があるのでしょうか?何かご存じの方いらっしゃいましたら情報をお願いします。
投稿ツリー
9件表示 (全9件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (19 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)