トップページ >  お話データベース >  中国地方 >  島根県 >  とっつくひっつく
No.0681
とっつくひっつく
とっつくひっつく

放送回:0427-A  放送日:1984年01月21日(昭和59年01月21日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:福井のり子  作画:フクハラ・ヒロカズ
島根県 ) 8110hit
働き者のじじばば、隣のマネっこじじ-ばばのお話

昔、ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいました。その隣にもやっぱり爺さんと婆さんが住んでいて、いつも隣のお爺さん達の真似ばかりしていました。

ある日、お婆さんが山道を歩いていると、「とーつかかぁ、ひーつかかぁ」と大きな声がしました。怖がるお婆さんに、お爺さんは「だったら”とーつかばとーつけ、ひーつかばひーつけ”と言ってやれ」とアドバイスしました。

お婆さんがこわごわ山道を帰っていると、やっぱりあの声が聞こえてきました。お爺さんに言われた言葉を大声で叫んでみると、周囲の松や杉からヤニが飛んできてお婆さんの体にベタベタとくっつきました。お婆さんはヤニだらけになって半ベソかいていると、お爺さんが藁(わら)の火でヤニをあぶってくれました。すると、火にあぶられたヤニは小判に変わりました。

話を聞いた隣の爺さんと婆さんが、さっそく真似して叫んでみましたが、ヤニは飛んできませんでした。怒ったお婆さんがもう一度大声で叫ぶと、すごい顔をした山の神さまが現れ、大量のヤニを婆さんに降り注ぎました。

ヤニまみれになった隣の婆さんでしたが、このヤニが全部小判になるかと喜んだ爺さんは、さっそくヤニを火であぶりはじめました。するとヤニは小判になるどころか、婆さんに火が燃え移ってしまい、ついには家にまで燃え移り二人は命からがら逃げ出しました。

これに懲りて、隣の爺さんと婆さんはもう決して人の真似はしなくなりました。それからは四人仲良く幸せに暮らしました。

(紅子 2011-11-20 15:14)


ナレーション市原悦子
出典島根県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第075巻(発刊日:1987年4月)
講談社の300より書籍によると「島根県のお話」
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/20 15:14 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1 ..  5  6  7  8  9  10  11  .. 22  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

64 人のユーザが現在オンラインです。 (41 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)