No.0670
じゅうろくにんだに
十六人谷
高ヒット
放送回:0421-A  放送日:1983年12月03日(昭和58年12月03日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:星野靖高  作画:加藤鏡子
富山県 ) 139651hit
無慈悲に切り倒された柳の精が復讐する話

若い時の弥助(やすけ)は、木こりでした。

ある時、見知らぬ女が弥助の所へ「明日、谷にある柳を切らないで下さい」と、頼みにやってきました。仲間の通夜に参列してすっかり酔っ払っていた弥助は、頭を下げる女に背を向けて、そのまま眠ってしまいました。

翌朝、予定していた通りに弥助と十五人の木こり仲間が北又谷(きたまただに)に入りました。そこには数百年もたったであろう実に見事な柳の木があり、弥助が止めるのも聞かず仲間の木こり達は大喜びで柳を切り倒しました。

その夜、小屋で弥助たちがすっかり寝入っているところへ、昨夜の女がやって来ました。女は、寝ている15人の木こりの舌を、一人ずつ口で吸い取り殺していきました。最後に「あなたに頼めばこんな事にならずに済むと思っていたのに…」と弥助に迫ってきましたが、山刀で切りつけ小屋から逃げ出しました。

それから50年たち、弥助はすっかりお爺さんになりました。この話を、いろり端に座ってお茶を飲みながら、目の前に座っている若い女に聞かせていました。昔の事を思い出しながら、ぽつりぽつりと話しました。

しばらくたった頃、弥助爺さんは恍惚とした表情のまま、舌を抜かれて死んでいました。この事件があった谷を16人谷と言うそうです。

(紅子 2011-12-23 3:32)


ナレーション市原悦子
出典富山の伝説(角川書店刊)より
出典詳細富山の伝説(日本の伝説24),辺見じゅん,角川書店,1977年11年10日,原題「十六人谷」
場所について十六人谷(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:十六人谷(地図は適当)
追加情報
このお話の評価9.1290 9.13 (投票数 31) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/12/23 3:32 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 27  次>  
コメント一覧
10件表示 (全21件)
Perenna  投稿日時 2020/12/19 5:46
今、角川書店の「日本の民話」シリーズを読んでいます。
どうやら、角川書店の民話や昔話というのは、意図的に改作したり、創作したものが多いみたいですね。
再話者の松谷みよ子や瀬川拓男、清水真弓(辺見じゅん)といった人たちは、あとがきや解説を読むと、昭和40年代に流行っていたプロレタリア文学や共産主義的歴史観に、どっぷりとハマっていたらしいです(苦笑)
こういう民話や昔話の意図的な見方って、なんだかおかしいですし、ナンセンスに思えませんか?
この「十六人谷」の昔話も、本来は「越中の民話・第一集」に収録されているような、単純な話が元になっていたのではないかと思われます。
それを辺見じゅんが改作したり、いろいろと付け加えて、怪談的な創作をしただけなのではないでしょうか?
とにかく、松谷みよ子、瀬川拓男、清水真弓(辺見じゅん)といった、当時の新進気鋭の作家たちの昔話や民話に対する見方や見解や採集や編集方針に関しては、いささか疑問や不自然や違和感といったものを感じます。
未来社の民話シリーズのような地元の住民の語った、素朴な昔話や民話のほうが、より自然でほほえましく、民話や昔話らしく思えたりします。
角川書店の民話シリーズは、意図的で作為的な昔話や民話を集録しているので、かなり不自然な感じがして、ずいぶんと変に思えたりしますね(笑)
42目ー  投稿日時 2020/12/19 2:11
しかしこの話、唯一知ってた弥助も殺したとなれば、
『この物語は誰が伝えたのか?』
とした矛盾が生まれてくるんだよな。
木の伐採に関わらなかったうえ反対してた弥助を殺すのもおかしいし。

実はこの話、なんかもう一つあって、その違いは、
『弥助は当時は爺さんで飯炊き係であって木の伐採に関わらなかった』
『木こりも15人ではなく16人』
『柳の精は弥助の夢の中で警告し、木の伐採に関わらなかったので殺さずじまいだった』
『弥助は柳の精を攻撃することも逃げることもせずにそのまま眠り、朝起きたら16人の木こりが全員死んでいるのを確認する』
これだと弥助は殺されずに済んだから、弥助はこの話を皆に伝えたことになり、つじつまが合うようになるんだが。
Perenna  投稿日時 2020/2/23 4:51
この昔話の元になった話って、「十三人の炭焼き」なのではないでしょうか?
1963年に出版された「越中の民話・第一集」に、富山県下新川郡の民話として収録されているものです。

「十三人の男たちが、炭焼き小屋に泊まり込んでいました。
道に迷った美しい女が、今夜一晩泊めてくれと炭焼き小屋に訪ねてきます。
老人の炭焼きだけが、この女に対して不審なものを感じます。
夜中に老人が目を覚ますと、女は寝ている男たちの舌をむしりとって、うまそうに食べていました。
恐怖を感じた老人が思わず女に飛びかかると、女は雉となって小屋から飛び去っていきました。」

角川書店の「富山の伝説」の著者の辺見じゅんは、角川書店の創業者の角川源義の長女で、角川春樹の姉にあたる人物です。
このアニメの「十六人谷」も、雪女の話とか、松や柳の木の精の話だとか、ウナギやイワナの化け物の話といった、各地の昔話の寄せ集めみたいな印象を受けます。
このアニメの昔話はどう見ても、辺見じゅんの創作なのではないでしょうか?
たぶん富山県の地元に伝わる昔話は、「越中の民話」に書かれたような素朴な話なのではないかと思います。


ゲスト  投稿日時 2019/6/5 22:13
それは、人間じゃないからそういう発想が持てなかっただけですよ。
ゲスト  投稿日時 2019/3/2 7:54 | 最終変更
まんが日本昔ばなしをなめてはいかんと思い知らされた小学五年のあの日を思い出した。
これは加藤鏡子さんが手掛けていたのか!
『魔法のスター・マジカルエミ』などでも活躍されたとても絵の上手い方なんだよなあ。
作品内容も最後の最後まで手が込んでいて映画みたいなテイストで良かった。
少しでも怖い・残酷シーンあればクレームの嵐となるから、とにかく人畜無害で無菌状態にしておけばよいというスタンスで育てられてきた世代が、これを何らかの形で視聴できればよいとも思う。この作品はまんが日本昔ばなしの怖いお話の中でも突出した怖さと作りの良さなのでお薦めだ。
トラウマ  投稿日時 2019/2/22 4:56
子供の頃に観て、それ以後まんが日本昔ばなしを観れなくなったやつだぁぁ――っ!!
あらすじだけでも怖いのに、演出も超怖かった思い出。

放送日から察するに6才だったのか……。
数日うなされた記憶。
でもタイトルを知れて少しスッキリ。
ゲスト  投稿日時 2018/6/2 11:08
怖い話だけど柳の精霊は弥助に対して実に理不尽な要求だと思います、木こりの中で一番若く親方に背く事ができるはずもないのに、一方的に「お願いしましたよ」「あなたに頼めば願を聞いてくれると思ったのに」自分なら俺に頼まれても困る!親方に言ってくれと断わりますが、それでもきっと一方的なんでしょうね。
十六人谷続編、弥助の復讐を作ってほしい!
ゲスト  投稿日時 2017/12/16 19:22
木こりが山刀を持つのは木の枝や藪を切り払う以外に、木気を持つ山の怪異を避けるために五行で木気に強い金気を持つ物をお守りとしていたからだそうな
今でも山に入る人はよくお守りとしてナイフや金属製の笛など金気を持つ道具を持つ人も多いとか
ゲスト  投稿日時 2017/4/8 7:24
私のベストオブトラウマー!!!
この他にもいろんな昔話集に出てきたりするので、結構メジャーな話なんでしょうね。
若者が1人だけ助かるとか、その後正体を隠して近づく、忘れた頃にうっかり話してしまうなど、他の話といくつか類似点はあるものの、ここまで際立った特徴があるのも不思議な話。
小さい頃はただただ怖かったですが、大人になってから見ると、キスして殺すなんて見方によっては残酷で妖艶な殺し方でもありますね。
美人な柳の精にしかできない技ですな。
松岡尚  投稿日時 2016/9/25 16:11 | 最終変更
弥助さんの語ったところが常田富士男さんで、後から本物のナレーターは市原悦子さんではありませんか。
__
確かに仰る通りですね。訂正しました。(2016/9/25)
投稿ツリー
10件表示 (全21件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)