No.0067
みみなしほういち
耳なし芳一
高ヒット
放送回:0040-A  放送日:1976年07月10日(昭和51年07月10日)
演出:杉田実  文芸:吉田義昭  美術:馬郡美保子  作画:馬郡美保子
写真あり / 山口県 ) 176729hit
あらすじ

昔、下関(赤間関、あかまがせき)の阿弥陀寺(あみだじ)というお寺に、びわ法師の芳一(ほういち)という男がいた。幼いころから目が不自由だったが、琵琶(ビワ)の腕は師匠をしのぐ程の腕前で、特に壇ノ浦の合戦の弾き語りは真に迫るものがあった。

ある蒸し暑い夏の夜、お寺で芳一がビワの稽古をしていると、身分の高い方からの使者がやってきた。ビワの弾き語りを聞きたい、というので、芳一は使者の後をついて行き、大きな門の屋敷に通された。さっそく芳一は、壇ノ浦の合戦を弾いて聞かせると、大勢の人がいるのかむせび泣く声が周囲から聞こえてきた。やがて女の声が聞こえ、「今宵より三夜間、弾き語りをして聞かせてほしい。またこの事は誰にも内緒にするように」と、告げられた。

朝、寺に帰った芳一は、和尚から不在を問い詰められたが、女との約束通り何も話さなかった。そこで和尚は、夜にこっそりと寺を抜け出した芳一を寺男に尾行させると、安徳天皇(あんとくてんのう)のお墓の前で、ビワを弾いている芳一の姿を見つけた。

平家の亡霊に憑りつかれていると知った和尚は、芳一の体中に経文を書いた。そして、誰が話しかけても絶対に声を出してはならない、と言い聞かせた。その夜、また亡霊が芳一を迎えに来たが、経文に守られた芳一の姿は見えなかった。しかし和尚が芳一の耳にだけ経文を書くのを忘れてしまったため、亡霊には両耳だけは見えていた。亡霊は、迎えに来た証拠に、と芳一の耳をもぎ取り帰って行った。

朝になって急いで様子を見に来た和尚は、芳一の両耳が取られている事に気が付いた。和尚は、かわいそうな事をしたと詫び、医者を呼び手厚く手当をした。傷が癒えた芳一は、もう亡霊に憑かれる事もなく、芳一のビワはますます評判になり、いつしか「耳なし芳一」と呼ばれるようになった。

(紅子 2011-9-27 22:15)


ナレーション市原悦子
出典(表記なし)
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第8巻)
VHS情報VHS-BOX第2集(VHS第17巻)
現地・関連お話に関する現地関連情報はこちら
場所について下関の阿弥陀寺(赤間神宮)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:下関の阿弥陀寺(赤間神宮)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第6巻-第027話(発刊日:1976年9月1日)/童音社BOX絵本_第13巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第015巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第022巻(発刊日:1978年2月)/二見書房[怪談シリーズ]第4巻_ひゃ~、化け物だ(発刊日:1995年7月25日)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「山口地方の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「山口県の昔ばなし」
国際情報社の絵本より松江(島根県)にすんで、日本人よりも日本を愛したといわれるラフカディオ=ハーン(日本名・小泉八雲)は、『KWAIDAN』(怪談)という本に、いろいろな日本各地の怪談話を紹介しています。日本の民話の採集をした最初の人といえるかもしれません。この本の『耳なし芳一』も、その中にでてくる話で、源平合戦の悲劇を背景に、芳一という目の不自由な琵琶弾きの体験を、ドラマティックにえがいています。平家の武者たちの亡霊から身を守るため、『般若心経』というわずか二百六十二字しかないお経を体にかいてもらった芳一の話は、期せずして、このお経の功徳を十二分に示した、象徴的なものになっています。(山口地方の昔ばなし)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「山口地方の昔ばなし」
このお話の評価8.6000 8.60 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/9/27 22:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 52  次>  
コメント一覧
10件表示 (全11件)
えびうさぎ  投稿日時 2016/10/25 10:33
こわいねw
レフティ  投稿日時 2016/9/3 19:50
レギュラー放送を視ているのですが久しぶりにみました。ラスト背筋が凍るおそろしさ…まさに怪談
ももたろう  投稿日時 2016/1/23 11:52
そんなにこわいのですか?
ゲスト  投稿日時 2015/4/18 13:42
ご褒美として安徳天皇の元に召された(連れていかれた)可能性もあったのかも。
飛竜華月  投稿日時 2014/11/9 23:51
私は子供の頃からおもちゃで遊ぶより本を読むのが好きな子でした。
クリスマスプレゼントは、いつも本。
で、小学4年生の頃のクリスマスプレゼントはこの話の本でした。
父が「これは名作だぞ~」といって選んだ本だったので早速読んだら、こ、怖い・・・。
怖い話が比較的平気な私ですが、夢でうなされました。
マジに怖い話です。
おとぎひめ  投稿日時 2014/11/6 19:11
小さいころとっても怖かったです、今でも動画は見れません。
げんきーぃ!  投稿日時 2014/10/27 17:40
ともかく気持ち悪い。
ゲスト  投稿日時 2014/8/30 23:30
耳なし芳ははじめてみました♪(o・ω・)ノ))
ゲスト  投稿日時 2014/6/14 22:15
子どもの頃は怖い話だと思っていましたが、今日あらためて見るに、平家一門の亡霊を「怨霊」と決めつけなくてもいいじゃんねぇ…と、ちょっと見方が変わりました。
七日七晩、琵琶を聞かせに出向いていたら、それはそれで何らかのご褒美がもらえたかもしれない。むしろ、むやみに逆らって耳をむしり取られることはなかったかもしれない。
そんな風に思えました。
平家の亡霊たちが壇ノ浦合戦の琵琶語りを聞いて涙する。それがそんなに恐ろしくて、悪いことだろうかと。
豊郷耳子  投稿日時 2014/2/25 14:58
以前、日本史の勉強で出てきた、平氏ゆかりの場所。

伊勢平氏発祥伝説地
三重県津市は古来、伊勢参りの宿場町として栄えました。伊勢守(いせのかみ)に任じられるなど、この地に平氏が定着したことから伊勢平氏発祥の地ともいわれています。また、清盛の父・忠盛が産湯を使ったとされる池もあります。
 院との結びつきを深め、勢力を拡大していった平氏。忠盛はこの地を拠点に、平氏繁栄の基礎をつくり、やがて大きな権力を握ることになるのです。

平清盛の音戸の瀬戸
平清盛にまつわる伝説が数多く残る広島県。北広島町に伝わる田植え唄にも清盛は登場します。唄の一節は、清盛が切り開いたとされる音戸の瀬戸の伝説を歌っています。嚴島神社参詣のため開いたといわれる瀬戸は、今も多くの船が行き交う重要な航路です。
 また宝積寺では、観世音菩薩の評判を聞いた清盛が、三日三晩寺にこもって一門の繁栄を祈願し、人々を驚かせたといわれています。

平氏一門が厚く信仰した厳島神社。
武士の頂点に立ち、日本の覇者となった平清盛があつく信仰した嚴島神社。壮麗な朱塗りの海上社殿は、清盛の巨大な財力と斬新な発想によって造営されました。また、平家一門が写経した経典をはじめ数々の宝物が奉納されたといいます。
 神社近くの丘に立つ経塚。清盛が平家の繁栄を祈願し、ここに経を彫った石を埋めたといいます。嚴島神社は、平家の栄華を今もわれわれに伝えています。


赤間神宮について。
元暦2年(1185)3月、壇ノ浦で源平最後の合戦が行われました。
 安徳天皇のなきがらは海から引きあげられ手厚く葬られたと伝えられています。赤間神宮には安徳天皇がまつられ、海の都を模した竜宮造りの水天門は二位の尼時子の願いを映したものだといいます。
 平家一門の墓、七盛塚は、江戸中期、地元の人々の尽力で散在していた墓が集められました。また、先帝祭は壇ノ浦で生きのびた平家の女性たちが身をやつしても安徳天皇を思い慕っていた様子を伝えています。
 夢を追い続けた男、平清盛。その生きざまは平家の栄枯盛衰とともに永遠に語り継がれてゆくのです。
投稿ツリー
10件表示 (全11件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)