No.0654
うさぎとたろう
兎と太郎

放送回:0411-A  放送日:1983年09月24日(昭和58年09月24日)
演出:細谷秋夫  文芸:沖島勲  美術:渡辺由美  作画:細谷秋夫
岩手県 ) 9398hit
あらすじ

まだうさぎの目が赤くなく、尻尾も長かった頃の話。

太郎と父親が住む家の近くの林に、ずるがしこいうさぎが住んでいた。ある日、父は山に仕事に出かけ、太郎に夕飯を作っておくようにといいつけた。

夕飯が出来上がるころ、鍋の晩をする太郎のもとへやってきたうさぎ。「ちょっと味見させて」といいつつ、鍋の中身を全部平らげてしまった。その夜は仕方なく水だけで過ごす父子。

次の日。同じように言いつけられた太郎が鍋の晩をしていると、またうさぎがやってきた。「お前の親父が山で倒れている」と教えられ、あわてて山に行く太郎。それはもちろんうそで、鍋はまたしても空になっていた。

次の日。またしても夕飯時にやってくるうさぎ。だまされまいとする太郎に「不老不死の妙薬」をあげるから、これをおやじに飲ませろという。そのために鍋はカラにしないとな、というが早いか、うさぎはまたごはんを食べてしまった。

山から戻った父に、太郎はうさぎからもらった「不老不死の妙薬」を椀についで渡す。それはなんと、うさぎの小便だった。顔を真っ赤にしておこる父。「ぶっきり鉈持って来い!」と太郎にいい、うさぎの住む林へ向かう。ただならぬ気配を感じたうさぎは逃走。追いかける父。スタミナがきれたのは父親のほうだった。

それに気づいたうさぎは、背後を振り返り父親をおちょくった。ブチギレる父。鉈を投げる。しかしうさぎには当たらす、近くの木に当たる。「ヘタクソ~」とさらにおちょくるうさぎだったが木にあたった鉈が跳ね返り、うさぎの尻尾をズバッと切断。

「いってえ~~~!」とあまりの痛さに悶絶するうさぎ。泣きながら野を駆けずり回る。このことから、うさぎの尻尾は短くなり泣きすぎて目は赤くなり、四足歩行しかできなくなったそうな。

(投稿者: にん 投稿日時 2012-7-22 20:19 )


ナレーション市原悦子
出典岩手県
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第47巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第056巻(発刊日:1986年7月)
講談社の300より書籍によると「岩手県のお話」
このお話の評価5.3333 5.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/7/23 0:43 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  43  44  45  46  47  48  49  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

130 人のユーザが現在オンラインです。 (53 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)