トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  兵庫県 >  又部の弁天さん
No.0648
またべのべんてんさん
又部の弁天さん

放送回:0407-A  放送日:1983年08月27日(昭和58年08月27日)
演出:吉良敬三  文芸:沖島勲  美術:西村邦子  作画:吉良敬三
兵庫県 ) 9881hit
あらすじ

昔、兵庫県の又部新田村(またべにったむら)に、弁天池とよばれる大きな池がありました。池のほとりには弁天様がまつってあって、池の水は田畑を潤すありがたい水でした。

この村に、彦衛門という百姓が嫁さんと二人で暮らしていました。彦衛門は弁天池の守り番の仕事もしていたので、毎日のように弁天様をお参りしていました。するとある日、弁天様が「彦衛門の家へ遊びに行きたいが、天界の身だから家の人に見られたら困るので、嫁は他所へやってもらえんか?」と言われました。

べっぴんさんの弁天様の頼みを断れるわけがなく、彦衛門はどうにか理由をつけて嫁を帰省させる事にしました。嫁が出発すると、さっそく弁天さんが彦衛門の家に現れ二人で楽しくお話していましたが、やがて怪しいと感づいた嫁が家に戻ってきました。

二人の様子を見た嫁は、カンカンに怒って彦衛門につめ寄りました。大げんかが始まる中、弁天さんは「うちは天界の身。下界の者に見られた以上、もうここにはおれん」と言って、雲に乗ってすうっと飛んで行ってしまいました。

弁天様がいなくなったこの村では、彦衛門がすがってちぎれた弁天様の片袖をご神体としておまつりしました。一方、淡路へ行った弁天様は、一か所にじっと留まらない「まわり弁天」となって、今も各地を回っているそうです。

(紅子 2012-2-3 0:26)


ナレーション市原悦子
出典兵庫県
場所について平荘湖の弁天神社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:平荘湖の弁天神社
追加情報
本の情報講談社テレビ名作えほん第060巻(発刊日:1986年9月)
講談社の300より書籍によると「兵庫県のお話」
このお話の評価7.7500 7.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/3 0:26 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 16  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 16  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
南のみゃんこ  投稿日時 2016/7/3 20:09
クスクス。
美しさを褒めて欲しいのは、人も神様も一緒なのでしょうね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (38 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)