トップページ >  お話データベース >  九州地方 >  大分県 >  ききょう物語
No.0580
ききょうものがたり
ききょう物語

放送回:0363-B  放送日:1982年10月16日(昭和57年10月16日)
演出:しもゆきこ  文芸:境のぶひろ  美術:しもゆきこ  作画:しもゆきこ
大分県 ) 9039hit
あらすじ

昔、由布山(ゆふさん)の精と九住山(くじゅうさん)の精とが、美しい鶴見山の精である姫を妻に迎えようとした時の話です。

鶴見から近いところに住んでいた由布山の精は、二人は幼い頃から親交があり、由布は鶴見を妻に迎えたいと心ひそかに思っていました。そんな秋の日、遠く離れたところにある九住山の精である若者が、旅の途中に一夜の宿を求めて鶴見の屋敷を訪れました。そこで鶴見の姫に一目ぼれしてしまった九住は、高く火を吹きあげる山にふさわしく、胸の熱い思いをストレートに口にしました。「どうか私の妻になってくれ」

鶴見の姫は、初めて聞く男の口説き言葉に心を奪われ、いつしか結婚の申し出にうなずいていました。姫の返事をもらった九住は、弾む心を抑えて婚礼の準備のために国へ向けて旅立っていきました。二人の事を知った由布は、魂がちぎれるような悲しみに耐えて、姫のもとに美しいキキョウの花と手紙を贈りました。「よその土地に行かれても故郷の山の花を忘れたもうな。道の端、野のすみに咲き続ける花のある事をわすれたもうな」

鶴見の姫は、幼いころからいつも優しかった由布の事を思い出していました。姫は、いつも近くにいてくれた由布を愛していた事に気が付いて、素足で由布のもとへ駆け出しました。こうして由布山と鶴見山は永久に結ばれました。

翌日、九住の一行が姫を迎えに屋敷にやってきましたが、一通のかきおきを乳母から受け取りました。「足元の草花にどれほど心慰められていたかに気づかず、遠くの花の美しさに目を奪われておりました。私は由布さまのところへ参ります、なにとぞお許し下さい」鶴見の姫のまっすぐな心を知った九住は、辛さを胸に飲み込んで男らしく立ち去っていきました。

九住山がその時に流した涙がたまり、今の志高湖になりました。由布山と鶴見山は今でも仲むつまじく寄り添い続け、九住山は雲をついて雄々しくそそり立っています。

(紅子※講談社の決定版100より 2012-1-22 21:11)


参考URL(1)
http://www.yado.co.jp/kankou/ooita/beppu/sidakako/sidakako.htm
ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
場所について鶴見山(鶴見岳)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:鶴見山(鶴見岳)
追加情報
講談社の300より書籍によると「大分県のお話」
このお話の評価7.6000 7.60 (投票数 5) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/1/22 21:11 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 27  件):   <前  1 ..  11  12  13  14  15  16  17  .. 27  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2012/1/22 21:37
由布も九住も男らしくて立派ですね。
恨んだり呪ったりしてもおかしくない結末なのに・・・
三角関係がハッピーエンドで終わった珍しいお話ですね。
鶴見の姫は久住のことを忘れずにいて欲しいですね。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

79 人のユーザが現在オンラインです。 (59 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)