No.0536
なっとう
納豆

放送回:0335-A  放送日:1982年04月03日(昭和57年04月03日)
演出:森川信英  文芸:境のぶひろ  美術:小出英男  作画:森川信英
岩手県 ) 12268hit
あらすじ

昔岩手でのこと、何年も日照りが続き、村人達は大変困っていた。田も畑も枯れてしまっていたが、田んぼのあぜに植えた大豆だけが村人達を飢え死にから守っていた。

そんな折り戦が起こり、お侍が村人から食い物を出すよう迫った。村人が最後にとっておいた米を「明日の昼までに陣屋に持って来るように」と命令した。しかし雑兵達の食い物までは無かったので、可哀想に思った村人達は空腹も忘れ、冬に食べるつもりでとっておいた大豆を煮豆にして届けてやることにした。

そしてどうやって運ぼうかと考え、米は無いがワラならいくらでもあるので、それに煮豆を包んで運ぶことにした。村でも評判の力持ちのひょうろくが運ぶことになったが、矢に当たると危ないので鍋をかぶって出掛けていった。

真夏の暑い最中、鉄鍋をかぶってジリジリと暑いひょうろくはもう何やら夢心地。道草を食うやら道に迷うやら、眠くなれば道ばたで眠ってしまうやらで、結局その日は結局お地蔵さまの側で寝てしまった。

次の朝、ひょうろくが歩いていくと、山の下で激しい戦をしているのが見えた。下まで来てみると、数え切れない雑兵の骸を見たひょうろくは可哀想になり、全員埋めてやり弔ってやった。こうしてまた時間をくったひょうろくはまた陣屋に向かって歩いていった。

すると途中の道の真ん中に雑兵が一人倒れている。話を聞いてみると、その雑兵は空腹のあまり動けなくなりその場へ置き去りにされてしまったと言う。ひょうろくは山ほどの荷物に雑兵一人担いで山道を歩き、ようやく陣屋に辿り着いた。

大将は御立腹だったが、温かい湯気の出るにぎり飯を差し出すと機嫌を取り直した。ところがそのにぎり飯は暑い最中をのんびり来たためとっくに腐っていた。大将はそれを見てひっくり返ってしまった。雑兵達は煮豆も腐っているのではないかと、急いでワラの包みを開けてみた。すると煮豆はネバネバとして糸を引いている。

雑兵達はがっかりしが、糸を引いた煮豆を食べてみた。すると何と腐った煮豆は大変美味しかった。驚いた雑兵達は次々と腐った煮豆をほおばった。そしてひょうろくに礼を言い、ひょうろくにも煮豆を食わせてやった。

これが納豆の始まりだそうだ。陣屋に「納めた」豆であるから「納豆」と言うようになった。 そしてその納豆を村々に売り歩くようになったのはもちろんひょうろくが最初である。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション常田富士男
出典岩手県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価8.6667 8.67 (投票数 12) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 80  件):   <前  1 ..  29  30  31  32  33  34  35  .. 80  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)