No.0503
おなついし
お夏石

放送回:0316-A  放送日:1981年11月21日(昭和56年11月21日)
演出:白梅進  文芸:沖島勲  美術:門屋達郎  作画:白梅進
神奈川県 ) 12521hit
強欲婆さんの自慢の里芋が石になっちゃう話

昔、小田原の近くの寄(やどろぎ)というところにお夏という欲深な婆さんが住んでいました。それはもう、自分の物なら舌を出すのも嫌いなほどで、人の物は平気で横取りしてしまうほどの強欲ババアでした。

このあたりの土地は痩せていてどの畑の里芋も育ちが悪いのでしたが、どういうわけかお夏婆さんの里芋だけは丸々と太っていました。村人たちが、お夏婆さんに里芋(種芋)を分けてくれるようお願いしても、絶対に分けてくれませんでした。

ある日、この村にみすぼらしい旅の坊さんがやってきました。ちょうど里芋を洗っていたお夏婆さんに「もう五日も何も食べてないのでこの芋を分けてもらえませんか?」とお願いすると、婆さんは「これは石芋だから食えんのじゃ」と嘘をつきました。

家に帰った婆さんは、洗ってきたばかりの里芋を鍋で煮て、そろそろ食べようと蓋をあけてみると、なんと里芋は全部石になっていました。あわてて畑へ行ってみると、なんと婆さんの自慢の里芋はみんな石になっていました。

それからというもの、お夏婆さんの畑では何度芋を植えてもみんな石になったそうです。村人たちは、この石芋の事を「お夏石」と呼んで、欲をかかないための戒めにしたそうです。

(紅子 2012-1-16 0:16)


ナレーション常田富士男
出典神奈川県
DVD情報DVD-BOX第10集(DVD第48巻)
場所について松田町寄(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:松田町寄(地図は適当)
追加情報
講談社の300より書籍によると「神奈川県のお話」
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/5 20:27 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 19  件):   <前  1 ..  8  9  10  11  12  13  14  .. 19  次>  
コメント一覧
6件表示 (全6件)
ゲスト  投稿日時 2015/12/18 0:26 | 最終変更
お夏石に出てくる寄という地名ですが、正式には「やどろぎ」とよみます。
場所は松田町になります。
__
ナレーションを確認したところ、確かに常田さん「やどろぎ」と発音していますね。「やどろぎ」に訂正しました。どうも地元では、「やどりき」より「やどろぎ」と言う方が多いようですね。(2015/12/18)
マスター  投稿日時 2015/4/10 9:07
お夏婆さんは、きっと妖怪○ォッチに出てきた「ヨコ○リ」に取り付かれたからあんな強欲になったのではないかと、思います。
beniko  投稿日時 2012/8/4 22:11
マニアックさんの記憶通り、お夏石の語りは常田富士男さんでした。ものすごい記憶力ですねー、すごい。
beniko  投稿日時 2012/1/16 23:00
マニアックさんの記憶は微妙ってことでしょうか。でも先にはDVDになる予定だから、一応転記しておいてリリース後に確認するって事にしましょうね。
マニアック  投稿日時 2012/1/16 21:06
語り常田富士男?(そうだったような・・・)
マニアック  投稿日時 2012/1/7 12:23
ありがとうございます。多分この話でしょう。おーDVDになるんだ。絶対買おう。
投稿ツリー
6件表示 (全6件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (18 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)