No.0451
ことひめものがたり
琴姫物語

放送回:0282-B  放送日:1981年03月28日(昭和56年03月28日)
演出:青木稔  文芸:沖島勲  美術:青木稔  作画:青木稔
要調査 / 島根県 ) 10551hit
鳴き砂の由来譚

平家の姫が流されてきた。村人たちの介抱で姫は元気を取り戻し、やがて浜で琴を弾くまでになった。だが、姫は再び病に倒れ、介抱むなしくそのまま亡くなってしまった。それから後、不思議なことに浜の砂が鳴くようになった。それでその浜を琴ヶ浜と呼ぶようになった、というもので鳴き砂の由来譚です。

(投稿者: mitsuzakura  投稿日時 2011-11-2 0:45 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細石見の民話(大庭良美,未来社)かもしれない
場所について琴姫の墓(琴ヶ浜海水浴場の駐車場の西側)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:琴姫の墓(琴ヶ浜海水浴場の駐車場の西側)
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/3 0:15 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 22  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 22  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
mitsuzakura  投稿日時 2011/12/10 19:15
すみません、レスが遅くなりました。

由来譚(ゆらいたん)です。

どうしてそうなったのか、その由来を説明するお話くらいのニュアンスでしょうか。

琴姫伝説だと琴ヶ浜の鳴き砂はどうして鳴るようになったのか、そういう説明を含んだお話となっています。

他の事例だと瓜子姫にいたずらした天の邪鬼を斬って飛んだ血しぶきがついて蕎麦の根が赤くなったとかですね。

余談。
琴ヶ浜の鳴き砂は全国的に知られていて、少女漫画「砂時計」でも舞台の一つとなりました。大田市仁摩町にある仁摩サンドミュージアムの巨大砂時計は琴ヶ浜の鳴き砂を使っているそうです。


「琴姫物語」、どんな雰囲気だったか忘れてしまいましたが、何度か再放送されたような記憶はあります。
beniko  投稿日時 2011/11/3 0:26
あらすじと地図情報、ありがとうございました。アニメがどんなタッチの絵だったかも、記憶にありますか?平家がでるっていう情報でイメージするなら、耳なし法一のような版画っぽいのかなぁ。
※由来譚って、何と読むんですかね。
mitsuzakura  投稿日時 2011/11/2 0:45 | 最終変更
これは島根県大田市仁摩町の琴ヶ浜にまつわる伝説ではないかと思います。

---------あらすじ------------

まんが日本昔ばなしで未来社、角川書店、日本標準、偕成社の本がよく出典として取り上げられますが、琴姫伝説を収録したのは

未来社「石見の民話 第一集」:「琴姫物語」
角川書店「出雲・石見の伝説」:「琴姫伝説」
日本標準「島根のむかし話」:「琴姫さん」 の三冊です。

なのでタイトルから判断すると未来社の本が出典かもしれません。未来社のでは琴姫は琴ヶ浜に漂着したとき既に亡くなっており、後に姫の父がやって来るという筋立てになっています。

確証は無いのですが、琴ヶ浜の伝説は何度か観た記憶がありますので、大筋では間違ってはいないと思います。

緯度: 35.128842 経度: 132.388172 辺り
JR山陰本線・馬路駅の北側の海岸です。琴ヶ浜海水浴場の駐車場の西側に琴姫の墓があります。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

44 人のユーザが現在オンラインです。 (34 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)