No.0418
おおぐらいおしょう
大食い和尚

放送回:0262-A  放送日:1980年11月08日(昭和55年11月08日)
演出:芝山努  文芸:久貴千賀子  美術:福井のり子  作画:芝山努
静岡県 ) 12356hit
あらすじ

昔、静岡の海の近くにある泰定庵(たいじょうあん)というお寺に、とても大食らいのお和尚さんがいました。

近くの浜は大変賑やかで、毎日大漁旗をあげて、沢山の魚を積んだ大きな船が出入りしていました。しかし実際のところ、大漁で儲かっているのは船を所有している網元だけで、村人たちは過酷な労働をするばかりでちっとも楽ではありませんでした。

それを知った和尚が網元に抗議すると、網元は「大食いの弟と餅の食べ比べをして勝ったら、和尚の提案を考えてやる」と持ちかけました。和尚はガツガツと餅を平らげ、大男の弟との食べ比べにどうにか勝利する事ができました。

しかし、網元は「考えてやると言っただけで約束はしていない」と和尚をやり込めました。その代りに賭けをしようと言いだし、「相良から江戸までの旅の間、何も食べずについてこられたら、村人たちを楽にしてやろう」と証文を書きました。

七日七晩、和尚は網元の仕掛ける食べ物の誘惑に打ち勝ち、何も食べずに江戸までたどり着くことができました。江戸についた和尚は、証文を高々と掲げて、うまいと評判の高級料理50人前を平らげ、村人たち用に沢山のお土産を買わせました。

こうして賭けに勝った和尚は、意気揚々と村へ帰り、これにすっかり懲りた網元が心を入れ替えたので、浜はますます栄えたそうです。

(紅子 2012-9-21 0:16)


ナレーション市原悦子
出典静岡県相良町
DVD情報DVD-BOX第9集(DVD第42巻)
場所について泰盛寺(たいせいじ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:泰盛寺(たいせいじ)
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第077巻(発刊日:1980年かも)/講談社デラックス版まんが日本昔ばなし第45巻(絵本発刊日:1986年01月15日)/講談社テレビ名作えほん第063巻(発刊日:1986年10月)
絵本の解説原話は「泰定庵の大食い和尚」といって、静岡県相良町の泰盛寺(たいせいじ、当時は泰定庵たいじょうあんだった)に伝わる大食い和尚さんのお話です。当時、村の人々は漁業で生計を立てていましたが、強欲な網元に泣かされ、暮らしはいっこうに楽になりませんでした。それを知った和尚さんは網元に抗議に行き、食べ比べに挑戦。さらには、何も食べずに江戸まで行き、ついに要求を通すことに成功したのでした。得意の大食いで相手をやっつけるというのは愉快ですが、昔は、このように地域社会のリーダーとして自ら行動を起こす気概のある和尚さんが、少なからずいたものでした。(静岡地方の昔ばなし)(講談社のデラックス版絵本より)
講談社の300より書籍によると「静岡県のお話」
このお話の評価8.6667 8.67 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/21 0:16 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 38  件):   <前  1 ..  18  19  20  21  22  23  24  .. 38  次>  
コメント一覧
1件表示 (全1件)
ゲスト  投稿日時 2016/1/25 21:31
もしこの和尚さんが実在していたとしたら、たいそう皆に親しまれていたんだなあ。
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (17 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)