トップページ >  お話データベース >  要調査 >  きつねのこぶとり
No.0416
きつねのこぶとり
きつねのこぶとり

放送回:0261-A  放送日:1980年11月01日(昭和55年11月01日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:古宇田由紀子  作画:小林治
要調査 / 山形県 ) 5806hit
あらすじ

むかしあるところに頬にこぶのある徳兵衛じいさまがいた。
じいさまはこぶを大切にし、ぴかぴかに磨いていた。

ある時お城から使者たちがあらわれて「お殿様が徳兵衛じいのこぶを欲しいと言っておられる。早速切り取って城にもっていかねばならぬ」とこぶを切ろうとする。
家人は驚いて、使者たちに酒をふるまいその場をおさめ、帰ってもらう。
その夜、子供が原っぱで、酔っ払って踊る狐達を目撃する。
♪徳兵衛じいさんの大こぶで、今日は酒飲んだし、明日は餅じゃ♪

家人は騙されていたことに気付き、翌日、使者に化けた狐をいけどりにする。
しかし優しいじいさんは「もう悪さはするな」と狐をはなしてやる。

(投稿者: えびなます 投稿日時 2012-2-21 22:40 )


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細鶴岡の昔ばなし,山崎誠助,東北出版企画,1977年7月10日,原題「きつねのこぶとり」※かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.5000 5.50 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/2/22 3:35 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 95  件):   <前  1 ..  44  45  46  47  48  49  50  .. 95  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)