No.0410
えんもちだぬき
縁持ち狸

放送回:0257-A  放送日:1980年10月04日(昭和55年10月04日)
演出:フクハラ・ヒロカズ  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:フクハラ・ヒロカズ
山口県 ) 13223hit
あらすじ

山口県岩国市御庄の神の内(こんのうち)という所に、村人から慕われている庄屋がいました。この庄屋は裏山に住む古ダヌキとも仲が良く、家族ぐるみの深い付き合いをしていました。

庄屋にはお愛という一人娘がいて、来年の春には働き者の権助と結婚する予定でした。そんなある日、岩国のご家老が庄屋の屋敷に立ち寄り、その時お茶を出してくれたお愛に一目惚れしてしまいました。庄屋は何とか断ろうとしましたが、ますますお愛に夢中になったご家老は「嫁にくれねば家をとり潰す」と脅し始めました。

困った庄屋は古ダヌキに良い知恵を借りようと、手土産を持って裏山に出かけて行きました。古ダヌキは手ぶらで相談に来てくれなった事にブツクサ文句を言いながらも、快く縁を取り持つ事を引き受けてくれました。

さっそく古ダヌキは庄屋のおかみさんに化けて、ご家老の屋敷に乗り込みました。座敷に通された古ダヌキは、「お愛を産んだ母親の私が、実は狸なのです」と元の姿に戻ってみせました。腰を抜かすほどびっくりしたご家老は、もう二度と庄屋の家には近づきませんでした。こうしてお愛はめでたく権助のところへ嫁入りする事ができました。

(紅子 2011-11-2 0:19)


ナレーション常田富士男
出典山口県岩国市より
DVD情報DVD-BOX第7集(DVD第32巻)
場所について岩国市御庄の神の内(地図は適当)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:岩国市御庄の神の内(地図は適当)
追加情報
本の情報国際情報社BOX絵本パート2-第076巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第066巻(発刊日:1986年12月)
講談社の300より書籍によると「山口県のお話」
このお話の評価9.0833 9.08 (投票数 24) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/11/2 0:19 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 52  件):   <前  1 ..  22  23  24  25  26  27  28  .. 52  次>  
コメント一覧
4件表示 (全4件)
ぶちねこ  投稿日時 2017/9/16 19:52
かっこいい狸オヤジ(文字通り)と人徳のある庄屋の友情が素敵です。このお話が、大好きなフクハラさん担当なのも嬉しい。
坊屋良子  投稿日時 2017/4/15 0:04
狸メインでフクハラ作品特有のネコが出ないのでは?と思われましたが、やはり出てきましたね。
ゲスト  投稿日時 2015/2/8 1:08
いやいい話ですわ。
ゲスト  投稿日時 2012/4/15 9:39
意外ですが、これがまんが日本昔ばなしの中で関西で一番視聴率が高かった話なんです。
投稿ツリー
4件表示 (全4件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

29 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)