トップページ >  お話データベース >  要調査 >  吹雪かれ和尚
No.0356
ふぶかれおしょう
吹雪かれ和尚

放送回:0222-B  放送日:1980年02月02日(昭和55年02月02日)
演出:小林治  文芸:沖島勲  美術:秋保富恵  作画:後藤真砂子
要調査 ) 4860hit
あらすじ

北国のある寺に和尚さんが一人住んでいた。

この年は例年以上に吹雪がひどくなかなか下の村にも行かれなかった。和尚さんはきにもとめてなかったが、吹雪はやむ気配もない。食糧もそこつきそうになる前に本堂の前に鹿の肉がおいてあった。立場上肉は食えないが、これは仏様のおくりものだ、と感謝して、肉を食べた。

吹雪はやみ、心配した村人が和尚のもとを訪ねる。和尚は鹿の肉がおいてあったことを話し、いま煮て食べてると村人がみたら、爆笑した。そう中身は木のくずだった。

和尚は信じられず観音様を見たら観音様の足がなくなってた。そう鹿の肉とおもったら、観音様の像の足だった。このことから和尚さんは「木じき上人」と言われるようになったとさ。

(投稿者: ホーチミン 投稿日時 2012-3-8 0:32)


ナレーション未見のため不明
出典クレジット不明
出典詳細京都の民話(日本の民話41),二反長半,未来社,1965年10月10日,原題「かんのんさまの片もも肉」,原話「成相寺縁起」※かもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 1) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/3/8 0:51 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 95  件):   <前  1 ..  37  38  39  40  41  42  43  .. 95  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2014/7/13 19:40
録画してあったのを何度も観ましたねぇ
最後に鹿のもも肉の正体が判明する少し前に、背景の観音様の腿が既にちゃんと抉れていたのを覚えています
子供心に鹿のもも肉がとても美味そうだと思ったものですが、イノシシに比べれば数段格が落ちると聴いて少しショック
beniko  投稿日時 2013/12/28 22:06
このお話はアニメが存在してないのであくまで予測ですが、成相寺(京都府宮津市成相寺339)のお話かもしれません。
出典元の予想は、京都の民話(日本の民話41),二反長半,未来社,1965年10月10日,原題「かんのんさまの片もも肉」,原話「成相寺縁起」です。
beniko  投稿日時 2012/3/8 0:54
あ、これ何だか思い出した。そうそう、懐かしいお話ですね。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)