No.0035
ようろうのたき
養老の滝
高ヒット
放送回:0019-A  放送日:1976年02月14日(昭和51年02月14日)
演出:樋口雅一  文芸:鈴木良武  美術:内田好之(竹森佳史)  作画:スタジオアロー
岐阜県 ) 34846hit
あらすじ

山奥に病気で寝たきりの父親と、幼い息子が二人で住んでいた。息子は毎日山で薪を拾っては、町へ売りに行ったり、谷で魚を捕ったりして暮らしていた。

ある日、息子が薪拾いに夢中になってしまい、山の中で野宿し、一夜明けるとどこからか甘い良い香りがしてくる。匂いの元を探して歩いていると、霧で足下が見えなかったので、深い谷底に落ちてしまった。そこには大きな滝壺があって、甘い匂いはその滝の匂いだった。

息子は水を手ですくって一口飲んでみると、体中が熱くなって元気が出てくるような気がした。これは父親の病気にも効くかもしれないと思い、滝の水を持っていた瓢箪に入れて持ち帰って父親に飲ませた。

すると父親は、これは酒じゃと言う。不思議なことに次の日から父親の病気がよくなり、何ヶ月かするとすっかり元気になった。この噂は国中に広まり、感心な息子が年老いた父親を養ったことから、養老の滝と言われて長く語りつがれた。

(稿: 蔵人 本掲載日2012-8-14 14:37 )


ナレーション常田富士男
出典(表記なし)
備考講談社の書籍に岐阜のお話と明記あり
DVD情報DVD-BOX第2集(DVD第6巻)
場所について美濃国の山奥(養老の滝)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:美濃国の山奥(養老の滝)
追加情報
本の情報サラ文庫まんが日本昔ばなし第8巻-第037話(発刊日:1976年9月20日)/童音社BOX絵本_第04巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート1-第035巻(発刊日:1980年かも)/二見書房まんが日本昔ばなし第8巻-第31話(発刊日:2006年3月20日)/講談社テレビ名作えほん第023巻(発刊日:1978年3月)
サラ文庫の絵本より絵本巻頭の解説によると「岐阜県の昔ばなし」
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(民話研究家 萩坂昇)によると「岐阜県の昔ばなし」
講談社の300より書籍によると「岐阜県のお話」
レコードの解説よりLPレコードの解説によると「岐阜地方の昔ばなし」
このお話の評価6.0000 6.00 (投票数 6) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/8/14 14:38 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 47  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  .. 47  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (23 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)