トップページ >  お話データベース >  近畿地方 >  大阪府 >  のらくらとらやん大旅行
No.0342
のらくらとやんだいりょこう
のらくらとらやん大旅行

放送回:0215-A  放送日:1979年12月15日(昭和54年12月15日)
演出:やすみ哲夫  文芸:沖島勲  美術:あかばんてん  作画:岩崎治彦
大阪府 ) 11857hit
あらすじ

昔、大阪の天満に「とらやん」というのらくら者が住んでおった。ある日とらやんは、母親の言いつけでウナギを買ってきた。家に帰りさっそくウナギを調理しようとしたところ、ウナギが手をすり抜けて逃げてしまった。

ウナギを追いかけているうちに、いつの間にか大根畑が広がるところまで来てしまった。大根を収穫していた百姓に訳を聞かれ、「大事なウナギが逃げてしまった」と泣きわめくとらやん。百姓は「そりゃ悪かったな。大根を何本か持って行け」と言ってくれた。とらやんは大きな大根を抜いた拍子に高く空に飛びあがってしまった。

とらやんが落ちたのは傘屋の家であった。驚く傘屋の主人に今までのいきさつを話し、とらやんは傘屋の手伝いをすることになった。主人の言いつけで、とらやんは貼りあがった傘を干そうと、庭で傘を広げた。すると、とらやんは強い風にあおられて傘ごと天高く舞い上がってしまった。

着いたところは雷様の家の前。今までのことを聞いた雷様は、じょうろで雨を降らせる役をするよう、とらやんに言った。雷様の女房が目で稲妻を起こし、雷様が太鼓をたたき、とらやんがじょうろで雨を降らせる。人々が雨にあわてる様子を見て喜ぶとらやんであったが、調子に乗って雲から足を滑らせ、まっさかさまに海の中に落ちてしまった。

「竜宮城でもないかな」と海の中を泳いでいたところ、本当に竜宮城があり、きれいな乙姫様が迎えてくれた。魚たちの踊りを見ながらごちそうを食べるとらやんであったが、便所に行きたくなった。便所に行く途中、何やらとてもおいしそうなものが浮かんでいる。乙姫様から「途中、どんなにおいしそうなものがあっても、決して食べてはいけない」と言われていたが、とらやんは思わずそれを口にしてしまった。それは漁師の釣竿についていた餌であった。

こうして、とらやんは漁師に釣り上げられた。漁師たちは大変驚いたが、「男の人魚が釣れた」と喜んで浜辺に戻った。とらやんが「わいは人魚ではない、天満のとらやんや」と言っても全然信じてもらえなかった。とらやんの大旅行はこれで終わりである。

(投稿者:カケス 投稿日時 2014/3/2 11:58)


ナレーション常田富士男
出典二反長半(未来社刊)より
出典詳細大阪の民話(日本の民話16),二反長半,未来社,1959年01月30日,原題「のらくらとらやん大旅行」,採録地「大阪市南区」,話者「松下半次郎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価5.7500 5.75 (投票数 4) ⇒投票する
※掲載情報は 2014/3/2 16:13 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 14  件):   <前  1  2  3  4  5  6  7  8  .. 14  次>  
コメント一覧
2件表示 (全2件)
ゲスト  投稿日時 2017/5/9 9:24
すごい楽しそう!大旅行って感じです。
大根の人、気前が良いですね。
ゲスト  投稿日時 2015/3/8 22:30
うなぎが逃げたことと大根畑のお百姓さんには何の関係もないと思うが…
お百姓さん、人がいいなあ。
投稿ツリー
2件表示 (全2件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

33 人のユーザが現在オンラインです。 (24 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)