トップページ >  お話データベース >  中部地方 >  山梨県 >  鵜飼いものがたり
No.0312
うかいものがたり
鵜飼いものがたり

放送回:0195-A  放送日:1979年07月28日(昭和54年07月28日)
演出:近藤英輔  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:前田実
山梨県 ) 11031hit
あらすじ

昔、今の山梨県石和(いさわ)に一人の旅の坊さまが訪れた。坊さまは、安房の清澄寺を出てから宿らしい宿に泊まっておらず、折からの雨に降られ、どこかの家に一晩の宿を借りようとしていた。

ところがこの里では、どこの家も何かに怯えるように固く戸を閉ざし、坊さまを泊めようとはしなかった。通りがかりの村の者に訳を訪ねると、実はこのあたりでは川下のお堂から夜な夜な鵜飼の格好をした幽霊が現れ、家々を一軒ずつまわるのだと言う。そして川下のお堂にだけは泊まるなと坊さまに言い残し、男はそのまま立ち去ってしまった。

坊さまは不思議に思い、この川下のお堂に泊まってみることにした。すると夜も更けた頃、一人の男が坊さまの前に姿を現した。男は生前に川下で鵜飼をしていたと言う。男が話すには、この石和川(いさわがわ)では以前漁が禁じられていて、この禁を犯せば村全体が連帯責任で領主様から重い罰を受けることになっていた。

ところがこの男は耳が遠いせいもあり、この禁漁のお触れを知らずに石和川で鵜飼をしていたところ、村人に見つかってしまったのだ。そして男は、怒った村人たちによって簀巻きにされ石和川に沈められたと言う。今ではもう村人に恨みはないが、自分の魂は言う事を聞かずに夜な夜な村を徘徊するので、どうかお坊さまの力で自分の魂を休めてほしいと男は懇願する。

翌朝、坊さまは何を思ったか河原に出ると小石を拾い、小石に経文を一文字ずつ書き、これを川に投げ入れた。こうして、坊さまは昼も夜も経文を書き続け、数日後とうとう全部の経文を小石に書き終えた。それからというもの、この石和の里に鵜飼の幽霊が出ることはなくなったと言うことだ。

また、鵜飼の霊を慰めたこの坊さまは、日蓮上人だと伝えられている。

(投稿者: やっさん 投稿日時 2012-9-21 10:04)


参考URL(1)
http://www.harusan1925.net/1110.html
ナレーション市原悦子
出典山梨のむかし話(日本標準刊)より
出典詳細山梨のむかし話(各県のむかし話),山梨国語教育研究会,日本標準,1975年06月10日,原題「鵜飼いものがたり」
場所について笛吹市石和町市部1016 鵜飼山遠妙寺
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
地図:笛吹市石和町市部1016 鵜飼山遠妙寺
追加情報
このお話の評価9.3333 9.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2012/9/21 10:04 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 30  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 30  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2013/2/17 6:46
鵜飼いものがたりのお堂はどうやら、鵜飼山遠妙寺の近く、現在の鵜飼橋のたもとあたりにあったそうです。
マルコ  投稿日時 2013/1/18 22:22
このお話に登場する「経文の書かれた石」が遠妙寺にあるみたいですよ~!!
「日本ロマンの旅・中部」という本より引用

<七字の経石と鵜石・魚籠石>
「経石」は7個あり、筒の中に収められている。一石に一字「南無妙法蓮華経」の字が書かれている由である。「鵜石・魚籠石」はこの寺に慶長年間から伝わるみごとな川ずれ石である。

<一字一石供養塔、鵜飼勘作の墓と鵜飼漁翁の祠、日蓮日朗の供養塔>
本堂左手の木立の中には、一字一石供養塔が建っており、その奥の墓地には、鵜飼勘作の墓と祠、日蓮日朗の供養塔がある。

<笛吹川(石和川)>
曲中に「石和川」と謡われるが、現在は「笛吹川」と呼ばれている。
マルコ  投稿日時 2013/1/18 22:15
能”の「鵜飼」は、ここ石和の鵜飼山遠妙寺が発祥の地らしいですよ~!!

江戸時代の娯楽と云えば、歌舞伎、浄瑠璃、能、浮世絵などがあり、その題材として人気があったものの中に、「日蓮もの」があったようです!!

詳しくはわかりませんが、能の「鵜飼」はその「日蓮もの」で、大評判を呼んだ舞台であったようです。五番目もの、鬼もの、太鼓ものに分類され、禁漁の罪を犯したために殺された漁師の悲劇と、その鵜飼の業の見事さ、そして法華経による救済を描く、旅僧が石和を訪れることから始まる物語のようです。

謡曲「鵜飼」のあらすじ・・・。ウィキペディアより。

安房の国清澄出身の僧(ワキ)が、従僧(ワキヅレ)を伴い、甲斐国石和を訪れる。一行は、所の男(アイ)に教えられて、川辺の御堂で一晩を過ごすことにするが、その夜、松明を持った鵜飼の老人(前シテ)が姿を見せる。話すうちに従僧が、かつてこの地を旅した時、よく似た鵜使いの老人に一宿一般の恩を受けたことを思い出すと、その老人は「その鵜使いは後に、禁漁の石和川で鵜を使って漁をしたため、村人たちの処刑にあい、簀巻きにされて川に沈められて殺されました」と語り、実は自分こそがその死んだ亡霊なのだと名乗る。老人は僧の求めに応じて、懺悔のため、かつての鵜飼の業を披露する。その面白さに、老人は殺生の罪を忘れて酔いしれるが、やがて闇の中に姿を消す。改めて、所の男から事情を聴いた僧たちは、河原の石に一字づつ「法華経」の経文を書き、それを川に沈めて鵜使いの老人を供養する。するとそこに、地獄の鬼(後シテ)が現れ、鵜使いが無事に成仏を遂げたこと、そしてそれを可能にした「法華経」の有り難さを称えて舞う。・・・というあらすじです。

この石和郷に伝わる伝説では、その僧侶が、出身が安房国清澄であること、向かう先が甲斐国石和であることから、身延山久遠寺を開いた日蓮上人をモデルとして作られていると言われています。また、従僧は鵜飼山遠妙寺に伝わる日朗、日向上人、そして鵜飼の老人は、鵜飼山遠妙寺で弔われている鵜飼勘作翁といわれ、まさに、日蓮上人実名の伝説は、謡曲「鵜飼」のあらすじ通りに伝えられているのです。

余談ですが、なぜ、日蓮上人の名が謡曲には出てこないのか?ということについて、「高僧の効力より、広く仏教の功徳を説こうとしたため」という説が有力のよう。

尚、舞台となった石和川は現在は笛吹川と呼ばれ、かつては、鵜飼川の名もあった。現笛吹市石和の「鵜飼山遠妙寺」には、鵜飼漁翁勘作という漁師が日蓮に救われたという能と同様の伝承、また勘作を祀る御堂があって、毎年9月16日に川施餓鬼が行われている。この時期に”薪能”があるらしいので、一度観たいと思っています。

また、【甲斐名勝志=江戸時代萩原元克著】によれば、この地に落ちて来たといわれる平時忠をモデルにした同様の話が伝わっていて、即ち、鵜飼勘助は落人で名を変えた平時忠であったとする話もあるのです。

石和に伝わる平時忠(鵜飼漁翁勘作)伝説・・・、笛吹市観光商工課パンフレットによる

鵜飼勘作とは、元の名を平大納言時忠といい、平清盛の北の方ニ位殿の弟。平家が壇ノ浦の戦いで滅亡した時、時忠が三種の神器の一つ「神鏡を朝廷へ奉還したことが認められ、一命を助けられて、能登の国へ流罪された。しかし時忠にとって、この地は安住の地ではなく、能登を脱出、遠く甲斐の国へ逃れて来て、この石和郷に住みついたと伝わる。公家時代の遊びで覚えた「鵜飼」業とするようになって、ある日、南北十八丁三里の間殺生禁止になっていた当時の「法城山観音寺」の寺領を流れる「石和川」で漁をしたのが見つかって、村人に捕えられ、簀巻きにして岩落としの水底に沈められて処刑された。以来、亡霊になって昼夜苦しんでいたところ、巡教行脚の日蓮上人の法力お蔭で成仏得脱できた。・・・という話です。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

41 人のユーザが現在オンラインです。 (29 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)