No.0305
とろかしぐさ
とろかし草
高ヒット
放送回:0190-B  放送日:1979年06月16日(昭和54年06月16日)
演出:山田みちしろ  文芸:沖島勲  美術:小関俊之  作画:山田みちしろ
徳島県 ) 21573hit
落語にもなっている「人間を溶かす草」の話

昔ある所に清兵衛(せいべえ)というきこりがおった。

清兵衛が木を切っていたら、旅人がうわばみに襲われているところを見つけた。 どうすることもできないので、木に登って様子を見ていたが、旅人はうわばみに飲み込まれてしまった。

旅人を飲み込んだうわばみは腹がふくれて苦しいくなり、何やら黄色い草を食べ始めた。 すると、うわばみの腹がへっこみ、うわばみはスッキリして草むらに帰って行った。きこりはその黄色い草をひとつかみ持って村に帰り、その出来事を村人に話して聞かせた。が、その草のことだけは誰にも話さなかった。

まあ命拾いしたお祝でもしようかと、その夜村人は清兵衛の家に集まった。そこで村の一番の金持ちから「いっぺんに5杯ソバを食えたら田畑を一反やろう」と持ちかけられた。あの草のことを思い出した清兵衛は、自信たっぷりで挑戦したが、3杯以上が食べられない。そこで一度便所に行き、こっそりあの黄色い草を食べた。

だが、いつまでたっても清兵衛は戻ってこない。心配した村人が便所に行ってみると、清兵衛の着物だけ残っていて姿は消えていた。その黄色い草は、食べたものを溶かすのではなく、人間を溶かす草だったのである。

(引用/まんが日本昔ばなし大辞典)


ナレーション市原悦子
出典永田義直(金園社刊)より
出典詳細ふるさとの民話(実用百科選書),永田義直,金園社,1974年08月01日,原題「とろかし草」
備考アニメ放送時には出典元が明記されていがが、DVD収録時に出典元が消されている。理由は不明。
DVD情報DVD-BOX第12集(DVD第60巻)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
本の情報童音社BOX絵本_第65巻(発刊日不明:1970~1980年頃)/国際情報社BOX絵本パート2-第120巻(発刊日:1980年かも)/講談社テレビ名作えほん第035巻(発刊日:1981年1月)
童音社の絵本より絵本巻頭の解説(童音社編集部)には、地名の明記はない
講談社の300より書籍には地名の明記はない
このお話の評価7.9000 7.90 (投票数 10) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 23  件):   <前  1 ..  3  4  5  6  7  8  9  .. 23  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
ゲスト  投稿日時 2017/6/15 20:00
山田みちしろか...アンパンマンのキャラクターデザインと同じ人だな。
恋星亭  投稿日時 2015/7/18 18:10
落語の蕎麦清の焼き直しですな。
蕎麦清の清兵衛さんは樵ではなく江戸の商人、なめた草は黄色ではなく赤でした。
何れにしても、とろかし草も蕎麦清も聞いたあとに無性に蕎麦が食べたくなります(^^;
もみじ  投稿日時 2012/8/7 11:23
「とけてしもうてそば団子」の別バージョンって感じですね(・ω・)

食い意地を戒める面と

動物が食べるということは、これは食べれるものなのだろう(・ω・ )♪

と判断してしまうことが昔の人には多々あったのでしょうが、
必ずしもそれが人間にとって「薬」になるわけではないから気をつけるべし
という戒めも含まれているのではないかと思ってしまいます。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

49 人のユーザが現在オンラインです。 (32 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)