トップページ >  お話データベース >  関東地方 >  群馬県 >  動けなくなった狐
No.0303
うごけなくなったきつね
動けなくなった狐

放送回:0189-A  放送日:1979年06月09日(昭和54年06月09日)
演出:小林三男  文芸:沖島勲  美術:しもゆきこ  作画:白川忠志
群馬県 ) 7037hit
あらすじ

昔、ある所に、一本道が通った広い原っぱがあって、そこにはいたずら好きな狐が住んでいました。

ある時は石に化けて、旅人のおにぎりをだまし取ったり、ある晩は、酔っ払って歩く若者を火の玉で驚かして、手土産の折り詰を奪ったりしました。だんだんひどくなる狐のいたずらに、村人たちも大変困ってしまいました。

そこへ、偶然に通りかかった旅の山伏が「わしの法力で狐を退治してあげましょう」と言い出しました。山伏は夜になるのを待って、狐の出る原っぱへやってきました。すると道の途中には、いつもはない大木がありました。

山伏は、大木の前で火を焚きながら、声高らかに「足止めの法」という密法を唱えました。この法力をかけられると、人間でも動物でもピクリとも動けなくなるのです。密法を唱え終わった山伏は、そのまま帰っていきました。

翌朝、再び山伏が大木のところへ行ってみると、一匹の古狐がちょっとも動けずに硬直していました。山伏が「もう二度と悪さをしないと誓えるか?」と尋ねると、狐はぽつりと涙を流しました。

山伏が足止めの法を解いてやると、古狐は涙を流しながら、山奥へ逃げていきました。それはらは、もう二度と人間を騙すことは無かったそうです。

(紅子 2013-9-20 18:47)


ナレーション市原悦子
出典おのちゅうこう(未来社刊)より
出典詳細上州の民話 第一集(日本の民話20),小野忠孝,未来社,1959年06月30日,原題「動けなくなった狐」,採録地「山田郡」,話者「中沢豊三郎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価4.3333 4.33 (投票数 3) ⇒投票する
※掲載情報は 2013/9/20 18:47 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 21  件):   <前  1 ..  4  5  6  7  8  9  10  .. 21  次>  
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (26 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)