No.0300
ふしぎなたま
ふしぎな玉

放送回:0187-A  放送日:1979年05月26日(昭和54年05月26日)
演出:福原悠一  文芸:沖島勲  美術:水野尾純一  作画:福原悠一
東北地方 ) 9498hit
あらすじ

子のないじっちゃとばっちゃがオンゴロという犬とネンゴロという猫をわが子のようにかわいがって育てていた。

ある日、じっちゃは畑でかわいらしい小さな蛇を見つける。この蛇もオンゴロ・ネンゴロと一緒に子どものように育てることにした。

しかし、ノロと名づけられた蛇は大変大きく育ち、近所の人々が怖がってしまう。仕方なく、ノロは山に返された。

その際ノロは育ててもらったお礼に何でも願い事を叶えてくれるふしぎな玉を置いていく。ばっちゃは玉に頼んで十七、八の男の子を出してもらう。

しかしこの子は乱暴な怠けもので、ついにはじっちゃとばっちゃが留守の間に玉を持ち出して姿をくらましてしまう。

オンゴロとネンゴロは玉を取り戻すため長い旅に出る。ついには突き止め、玉を取り戻すが、帰途に玉を魚にとられてしまう。

どうにか玉を取り戻してじっちゃとばっちゃの家に戻ったものの、オンゴロとネンゴロは疲れ果てて死んでしまった。 

(引用/龍学-dragonology-)


参考URL(1)
http://www.hunterslog.net/dragonology
ナレーション常田富士男
出典瀬川拓男(角川書店刊)より
出典詳細動物の世界(日本の民話01),瀬川拓男,角川書店,1973年5年20日,原題「犬と猫と蛇の玉」,伝承地「東北地方」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
追加情報
このお話の評価10.0000 10.00 (投票数 2) ⇒投票する
※掲載情報は 2011/2/11 22:30 時点のものです。内容(あらすじ・地図情報・その他)が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
お話の移動 ( 29  件):   <前  1 ..  16  17  18  19  20  21  22  .. 29  次>  
コメント一覧
3件表示 (全3件)
しおん  投稿日時 2017/1/11 20:48
ドラえもんの秘密道具を上手く使えない
のび太と同等の老夫婦だと思う。
(のび太は良い大人になったけど)
老夫婦がオンゴロとネンゴロを殺したようなものです。
あの、ふしぎな玉はどうしたんだろうね・・。
おそらく2匹の亡骸と一緒に埋葬したのかもしれません。
ゲスト  投稿日時 2015/8/25 15:56
オンゴロという犬とネンゴロという猫 、可愛いですね。
フクハラさんの作品は好きです。
匿名  投稿日時 2013/2/10 17:52
この話の中に登場するふしぎな玉はどんな願いも叶えてくれる玉なので
蛇の大きさを変えて小さくすればずっと一緒にいられたのに老夫婦は
その願い事をしない。

息子が乱暴でなまけものなら優しく大人しくて勤勉な息子に変えてくれと
玉に願えばいい。犬と猫が死んだのなら生き返らせてくれと玉に頼めばいい。
なのにこの夫婦は玉を有効に使おうとしない。

一緒に見ていた母は「この爺さん達バカじゃないの!?」とテレビに
向かって怒鳴っていました。私も同感です。はっきり言って今まで見てきた
話で一番イライラさせられたお話でした。豚に真珠とはこういう事かと思いましたね。
投稿ツリー
3件表示 (全3件)
新しくコメントをつける

題名:
ユーザ名:
投稿本文

投稿に関してのお知らせ

基本的に、誰でもご自由に投稿できます。お話の感想やコメントなどお気軽に投稿ください。
あらすじ投稿の場合は800文字前後を目安とした文章でお願いします。
投稿に対して一部IP規制を行っております。現在規制されているIPリストはこちらです。
※初めての方は「このサイトについて」もご一読下さい。(別ウインドウで開く)
※社会的倫理に反する書き込み、出会い系、営業的書き込みは、わりとすぐ消します。
※動画提供の呼びかけや要求はご遠慮ください、当サイトは動画データの有無とは関係ございません。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが お話データベース を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)